2021年04月17日

さかのぼりの色気

【サタデーナイトデュオ No.38】

サタデーナイトデュオ No.38.古畑任三郎.png

本日はテレビドラマ「古畑任三郎」の
メインテーマをお聴き頂きます。

1994年に放送が開始されてから2008年まで、
スペシャルやスピンオフドラマなども挟んで続いていた
人気刑事ドラマですが、皆さん覚えておいででしょうか?

このドラマは通常のサスペンスドラマと違って、
物語の前半で犯人の犯行場面を見せ、
事件が発覚した後登場する刑事の古畑任三郎が
犯人とのやり取りから容疑を固め、
その犯罪を暴いていく、
つまり、「犯人が誰か」ではなく、
「犯人をどうやって追い詰めるか」が見どころとなる、
いわゆる「倒叙(時間をさかのぼる)もの」
と呼ばれる手法でも話題となっていました。

ちなみにこの倒叙ものという見せ方は、
アメリカのサスペンス映画
「刑事コロンボ」で有名ですね。

この古畑任三郎というドラマは、
倒叙手法ゆえ、大物俳優も犯罪者役として
迎えることが出来たそうです。
そういえば、当時の当代人気俳優さんたちや
当時現役大リーガーだったイチローさんなんかも
犯人役で出てましたね。

主人公古畑任三郎役の田村正和さん、
ワタクシ実は大好きでして。

「眠狂四郎」とか
「パパはニュースキャスター」とか
(古いよ・・・汗)
一生懸命観てたんです。
古畑も確かほとんど観ているような気がします。うん。

あの独特の色気が、良いんですよね〜♪

そしてこのドラマは本間勇輔さん作曲のメインテーマも
印象的な出だしからドラマに対するワクワクを
誘ってきて、とっても印象に残る曲でした。

曲を聴いたらついタイムスリップしちゃう
懐かしのテレビドラマってありますよね。
ああ、また古畑、観たくなっちゃったなぁ。。
どこかで再放送やってないかな。





posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

だって春だもの

【サタデーナイトデュオ No.37】

サタデーナイトデュオ No.37.jpg

本日はフェリックス・メンデルスゾーン
春の歌」をお聴き頂きます。

メンデルスゾーンってね、私の中ではしみじみと
幸せな人、というイメージなんですよ。

おじいさんは哲学者、お父さんは銀行家、
お姉さんも弟に負けない天才音楽家。
お母さんに音楽の手ほどきを受けたご自分も
才能にあふれる神童として10代から大活躍。
音楽への造詣が深い両親、親戚に恵まれ、
幼少期から経済的にも何不自由ない生活を送り、
美人の奥さんを貰って5人の子供にも囲まれ・・・

もちろん、そんな幸せ一辺倒の人だったわけはなく、
その38年の生涯には色々あったでしょう。
でも彼の音楽を聴くと、その底辺にいつも
得も言われぬ「幸せな響き」が
流れているような気がするんです。
たとえその曲が短調の暗い色調であったとしても。

今日お聴き頂く「春の歌」なんて、
そんな幸せな響きの典型ではないでしょうか。

春の歌はメンデルスゾーンの
ライフワーク的存在であったピアノ曲集
「無言歌集」のうちの1曲です。

無言歌、すなわち、歌詞の無い歌。
歌詞は無いけど、曲、というより歌だよね、
と思ったのかどうか、無言歌の名付け親は
姉のファニーだそうですが。

ヨーロッパの寒く厳しい鉛色の冬を抜けて、
待ち望んだ春が、ようやく訪れた喜び。
その、言葉にしきれない嬉しさは
きっとどこの国にいても同じなのでしょうね。

あまり季節感が無く、
年中同じ野菜たちが並ぶドイツ(語圏)のスーパーが、
春だけはアスパラガス一色になって、
アスパラ専用鍋にアスパラ専用トング、
アスパラ専用皿にアスパラ専用ソース、
レストランのメニューも絶対アスパラガス!
になっちゃうような、独特の高揚感。
(どんな高揚感よ・・・)

私たちが満開の桜を見て、
毎年見ているのにやっぱり今年も、
何とも言えない幸せを感じるように。
(桜とアスパラガスが同じなのか・・・?)

春の幸せな気分が皆様にも伝わりますように。


posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

みいちゃん、もう、来たよ。

【サタデーナイトデュオ No.36】

サタデーナイトデュオ No.36.jpg

本日は松任谷由実さんの「春よ、来い」を
お聴き頂きます。

1994年のNHK朝の連続テレビ小説「春よ、来い」の
主題歌として作られた曲です。

もっともタイトルを初めて聞いたとき、
頭の中で、間違いなく、圧倒的に

は〜るよこい、は〜やくこい、
あ〜るき始めたみいちゃんが〜
あ〜かい鼻緒のジョジョはいて〜
おんもへ出たいと待っている〜

を歌っちゃった人の方が
多かったんじゃないでしょうか。笑

朝ドラの内容は、確か、
脚本家、橋田寿賀子さんの自伝的なお話
だったように記憶しています。
前半、安田成美さんと後半、中田喜子さんという
2人の女優さんが主演なさったんですよね。

当時安田成美さんの突如の降板劇が話題になって
ワイドショーなんかでも盛り上がっていました。
なつかしいなぁ。(何が?)

優しいユーミンさんの歌声や
穏やかだけど少し物悲しいメロディーの印象が
強かったんですが、
歌詞もとても美しい文語体の歌詞なんですね。

と思ったら、中学生の国語の教科書にも
掲載されているそうですね。
うん、載せたい気持ちは分かるなあ。

そして安直にタイトルだけ見て、
春よ来い、なんて季節的にピッタリじゃ〜ん、
と思って4月に演奏しちゃいましたが、
よく読んでみたらこれ、実は、「遠き春」を
しのんだ歌だったんですね。

「まだ見ぬ春」とか「沈丁花」とか、
ちゃんと歌詞を読みなさいよ、私たち。。。
(ごめんなさい)

♪淡き光立つ 俄雨
いとし面影の沈丁花
溢るる涙の蕾から
ひとつ ひとつ香り始める
それは それは 空を越えて
やがて やがて 迎えに来る
春よ 遠き春よ 
瞼閉じればそこに
愛をくれし君の 
なつかしき声がする♪

春、もう完全に来ちゃったねぇ、みいちゃん(汗)






posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

140年経っても破れない。たぶん。

【サタデーナイトデュオ No.35】

サタデーナイトデュオ No.35.jpg

今日は「フニクリフニクラ」です。

私の大昔の記憶によると、
小学校か中学校の音楽の教科書に
この歌が掲載されていたので、
多分知ってる、どころか歌える方も多いハズ。

ノリのいい元気な曲で大変歌いやすく、
韻を踏んだようなタイトルも覚えやすいけど、
フニクリフニクラってなんの呪文なんだ?
と思ったりしませんでした?

フニクリフニクラ、というのは
フニコラーレの愛称なんですって。
(カタカナで書くとどのみち呪文にしか見えない。笑)

フニコラーレ、というのは
イタリア語の「ケーブルカー」

つまりね。
この曲は、もともとはイタリアの
ケーブルカーの客寄せ宣伝のための歌だったんです。

1880年、ナポリ近郊のヴェスヴィオ火山に
ケーブルカー=フニコラーレが設置され、
山頂まで上ることができるようになったのですが、
設置当初は利用客が少なかったようなんです。

そこで運営会社がケーブルカーの宣伝のために
ルイージ・デンツァというナポリ出身の作曲家に曲を、
ジュゼッペ・トゥルコというジャーナリストに作詞を、
それぞれ依頼して作ってもらったのがこの曲で、
世界最古のCMソング、とも言われています。

ナポリ歌曲のコンテストである音楽祭にも出され、
瞬く間に大衆歌謡として大ヒットしたこの曲。
あまりの人気ぶりにナポリ民謡だと勘違いした
リヒャルト・シュトラウスは自作曲に
このメロディーを取り入れてしまい、
デンツァに裁判で訴えられた挙句、敗訴して
その曲を演奏するたびに書作権料を払う羽目になったとか。笑

その曲を、日本の頼もしい作曲家三善晃さんが
ピアノ連弾版に編曲して下さったものを
今日は演奏しております。

 ♪ 赤い火を噴くあの山へ 
    登ろう 登ろう
  そこは地獄の釜の中 
    のぞこう のぞこう
  登山電車が出来たので 
    誰でも登れる
  流れる煙は招くよ 
    みんなを みんなを
  行こう 行こう 火の山へ
  行こう 行こう 山の上
  フニクリ フニクラ フニクリ フニクラ
  だれも乗る フニクリ フニクラ

日本では一般的に「鬼👹のパンツ」の歌詞
としての方が有名かもしれません。

もっとも、本来の歌詞を見ると、
何をどうしてどうやったら、
火山が、鬼の、しかもパンツの歌になったのよ??
・・・っていう疑問を一体誰にぶつけるべき・・・?
と思っちゃいますけども。笑

 ♪ おにのパンツは いいパンツ
    つよいぞー つよいぞー
  トラの毛皮で できている
    つよいぞー つよいぞー
  5年はいても やぶれない
    つよいぞー つよいぞー
  10年はいても やぶれない
    つよいぞー つよいぞー
  はこう はこう おにのパンツ
  はこう はこう おにのパンツ
  あなたも あなたも あなたも あなたもー
  みんなではこう おにのパンツ

幼稚園で2月ごろ歌って踊って覚えた私は
長らく節分の歌だと思っておりました。
今でも鬼のフリ付きで歌えるもんね♪(え?)

さ!皆さんもご一緒に〜♪

posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月20日

初恋は青りんご色で

【サタデーナイトデュオ No.34】

サタデーナイトデュオ 34.jpg

今日はW.A.モーツァルト作曲のオペラ
フィガロの結婚」より
恋とはどんなものかしら』の
ピアノ連弾編曲を演奏いたします。

メロディーを聴いたらきっとどなたでも、
「ああ、あれか」と思うくらい有名なアリアです。

フィガロの結婚というオペラは

アルマヴィーヴァ伯爵家に仕えているフィガロ
アルマヴィーヴァ伯爵夫人の小間使いスザンナ
結婚することになっているのですが、
この伯爵が浮気者で、スザンナに
横恋慕しているところからドラマ・・・
ていうかドタバタ劇が始まるんですね。

この4人だけでも十分ややこしい状況なのに、
伯爵夫人に懸想する伯爵付きのお小姓ケルビーノ
(本人曰く、女性を見ると「相手が誰でも」
ドキドキしてしまう、という、
思春期真っただ中の感情に振り回されている)や、

フィガロに横恋慕していて、
借金をかたに結婚を迫る女中頭のマルチェリーナ
(実はフィガロの生みの母で、
幼いころ生き別れていたことが劇中で判明する)に

かつて独身時代の伯爵夫人ロジーナと
結婚を目論んでいたのに、フィガロの機転で
アルマヴィーヴァ伯爵に奪われてしまったため
フィガロを恨んでいるドン・バルトロ
(実はかつてマルチェリーナに手を出して
子供を産ませていた。
その子供がフィガロである)・・・

他にも次々に人物が登場しては出てくる人ごとに
新たなトラブルの種をまき、
トラブルがトラブルを生んで
てんやわんやの大騒ぎになりますが、
どんでん返しの繰り返しで、
最後にはなにもかもがうまく解決、
全てのカップルが幸せになる・・・という、
吉〇新喜劇も真っ青なコメディに、
天才モーツァルトが
信じられないほど楽しい音楽をくっつけた、
実に実に、楽しいオペラ♪です。

で。

このオペラの第2幕で、お小姓ケルビーノが
伯爵夫人への恋心を歌い上げるのがこのアリア。

思春期の少年が一生懸命、秘めた恋心を歌うのを
何ともほほえましいと思いつつ、
そして若干からかい気分も持ちつつ、
伯爵夫人とスザンナが
真剣に聞いてあげるんですよね。

恋とはどんなものか
ご存知のあなた方
さあ、判断してください
僕の心に抱いているのが恋かどうか・・・

そんな淡くアオイ初恋の気持ちを表現するべく、
今日は青りんご色の衣装を着てみました。

な〜んて、たまたま、なんですけど(笑)

我ながら、あまりにも衣装と曲のイメージが
ぴったりだったもので。。

皆さんは、そう思われません?笑



posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月13日

春はもうすぐ

【サタデーナイトデュオ No.33】

本日は松田聖子さんの「赤いスイートピー
季節、ぴったりでしょ?笑

1982年に松任谷由実さんが呉田 軽穂
(くれだかるほ、女優グレタ・ガルボをもじっている)
の名で作曲し、大ヒットした曲で、
松田聖子さんの曲の中でも今もって人気が高く、
聖子さん自身も好きな曲にあげることが多いのだとか。

今日まで逢った誰よりも好きなあなたについていきたい
と恋心を歌う女性の甘いバラード

男女様々な歌手によってカバーもされている、名曲ですね。

この赤いスイートピーが発表された当時、
「赤い」スイートピーというものは
存在しないと思われていたのだとか。
(本当は存在したが、鮮やかな赤ではなかったらしい・・・)

スイートピーはシチリア島の原産で、紫色が主流でした。
確かに淡い色のイメージは今でも強いですね。

ところがこの曲のヒットをきっかけに品種改良を重ね、
なんと18年もの歳月をかけて2002年にようやく
鮮やかな赤いスイートピーが誕生したのだとか。
凄い情熱!

そして。
実は私も今回初めて知ったのですが、
この「赤いスイートピー」の歌、続編があったんですね。
全然知らなかった。。。

1988年に、やはり松田聖子さんの歌で、
「続・赤いスイートピー」では、
『誰より好き』で『ついていきたかった』あなたが
なんと、別の女性と幸せな結婚をしたと聞いた、って・・・
さりげなく、ビ〇リーヒルズ青春白書並みの衝撃的内容でした。笑

青春は色々ありますよ。うん。

でもお花屋さんにスイートピーが出回ると春を感じるのは
きっといつの時代も同じで、
心の岸辺に咲くのも、
きっと何色のスイートピーでも同じで。

さぁ、春🌸ももうすぐ。

動画はこちら▶▶▶



posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

ハルはアオイよ、せいしゅんだ

【サタデーナイトデュオ No.32】

サタデーナイトデュオ No.32.jpg

本日は、TVアニメ「タッチ」主題歌です。

あだち充さんの人気野球漫画「タッチ」
もう長年、甲子園の季節になると毎年のように
TVで再放送されているアニメですから、
多分、ご存知の方多いと思います。

双子の兄、上杉達也(愛称たっちゃん)と
双子の弟上杉和也(愛称かっちゃん)、
そして兄弟の恋のさや当てのお相手ヒロインが
双子の幼馴染み浅倉南

甲子園を目指す高校野球を題材に、
ま、色々いろいろイロイロありまして・・・
というお話。
(ものすごく省略し過ぎな説明だけど、
語りだすと止まらなくなりそうなので、
逆に語れない人・・・汗)

青春時代にハマっていた、という方も、
きっと私だけではない、ハズ・・・!

子供のころね、私はもともと
野球大好き、甲子園大好き(ただしTV観戦のみ)
だったんですが、
なにせ、私の小学校の頃の初恋の君が
双子で、野球少年で、
その名も「達也くん」愛称たっちゃん。

私の方のたっちゃんは双子の弟でしたけども、
そりゃもう、ハマりましたともさ。
TVアニメはもちろん、
友達に連れられてミュージカルまで見に行ったし、
その後続編アニメも作られたんですよね。
それももちろん観ましたし。

おかげでこの曲のイントロがかかっただけで、
つい反応してしまうんですが。

最近TVでこのイントロがガンガンかかるじゃないですか。
マクドナルドのチキンタツタですよ。

タツタ、タツタ、チキンタツタ、どちらかだ〜♪

って・・・

タッチ=タツタって、確かに文字面は似てるけどね。
そしてこの曲につい反応して、普段食べないのに、
つい、チキンタツタが食べたくなる
私のような奴を狙ったんでしょうけど。

う〜ん。。。見事なCM効果だ。笑

そんなわけで最近、頭の中に
何度もこの曲がかかるようになってしまったので、
いっそ弾いてしまおうと、今日はこの曲なんです。

高校野球を見たくなるか、タツタを食べたくなるか、
ど〜ち〜ら〜か〜だ〜〜〜♪

さあ、あなたはどっち?笑



posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

タヌキとザリガニでも同じだもん

【サタデーナイトデュオ No.31】

サタデーナイトデュオ 31.jpg

本日は
高野辰之作詞・岡野貞一作曲による文部省唱歌
「ふるさと」をお聴き頂きます。

東日本大震災のときに愛唱されましたし、
一般的な「ザ・ニッポンのふるさと」的光景が
目に浮かぶ、代表曲(笑。変な日本語)
ではないでしょうか。

うちの実家はまあ一応横浜ですし、
「ふるさと」の歌詞の世界ような
のどかで鄙びたイメージはあまりなさそうですが
でも、うち結構田舎だったんですよね。

今でこそ億ション(死語・・・?)立ち並ぶ住宅街ですが、
田んぼと畑と山川に囲まれて、
おたまじゃくしやカエルやミミズやザリガニ、
ダンゴムシに各種トンボに各種蝶々に(各種?)
カマキリ、バッタは当たり前。
鷺も蛍もリスもモグラも、珍しくもなんともない
(ていうか今でも普通にいる)
という土地だったせいでしょうか。
私もなんとなく、
ふるさとの歌詞の良い意味での田舎感に
郷愁を覚えてしまいます。

ま、追いかけたのはどっちか言ったら
ウサギじゃなくて(ウサギを追ったのは動物園の中)
タヌキでしたし、
川で捕まえてたのもフナじゃなくて
主にザリガニでしたけども

1.うさぎ追おひし彼かの山やま
  小鮒こぶな釣つりし彼かの川かは
  夢ゆめは今いまも巡めぐりて
  忘わすれ難がたき故郷ふるさと

2・如何いかにいます父母ちちはは
  恙無つつがなしや友ともがき
  雨あめに風かぜにつけても
  思おもひ出いづる故郷ふるさと

3.志こころざしを果はたして
  いつの日ひにか歸かえらん
  山やまは青あおき故郷ふるさと
  水みずは清きよき故郷ふるさと


posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

ドレスは何色だろう?

【サタデーナイトデュオ No.30】

サタデーナイトデュオ 30.jpg


本日は再び、ロシアの作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ作曲の連弾曲集「6つの小品」から
第4番「ワルツ」をお聴き頂きます。

この「6つの小品」という曲集は、
6曲とも凄くいい曲たちなんだけど、
いささか暗く重たい印象のものが多いんですよね。

特に1番の舟歌、
3番のロシアの歌、
5番のロマンスの3曲は
ザ・ラフマニノフとでも言いましょうか、
哀愁とか物悲しいなんてもんじゃない、
暗さ重さがこってりてんこ盛りになっているのですが
(ほめてるつもり・・・?)
その合間に一服の清涼剤のように爽やかに挟まれているのが
今日お聴き頂くワルツです。

モーツァルトのような軽やかさとも、
シューベルトのような明るい透明感とも、
ワルツ王シュトラウスの華やかさとも、
全っ然違うんだけど、
でも爽やかに華やかに軽やかに楽し気に
ドレスを着て舞う人々の映像が目に浮かぶような
素敵なワルツです。

私の中でのイメージは
舞踏会が終わった後の大広間で、
一緒に踊った相手に思いをはせながら
一人でこっそり踊る、
シュミーズドレス姿のうら若い貴族のお嬢さん・・・
(映画「戦争と平和」の時の
オードリー・ヘップバーンの図・・・笑)
なんですが、
さてそんな風に聞こえますでしょうか・・・?

posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

トンネルも海も、冬に越えたらそりゃ雪国でしょう

【サタデーナイトデュオ No.29】

サタデーナイトデュオ 29.jpg

なんだか、何か怖いものでも出てきそうな
おどろおどろしいサムネイル写真ですが、
本日は「津軽海峡・冬景色」でございます。

三木たかしさん作曲、阿久悠さんの作詞、
言わずと知れた、石川さゆりさんの名曲ですよね。

2007年に作詞家の阿久悠さんが亡くなった時に
追悼としてその年のNHK紅白歌合戦の大トリで
石川さんが歌い、それ以来毎年、
同じく石川さんの名曲「天城越え」と交互に
紅白で歌っていらっしゃいます

石川さゆりさんはこの曲、紅白だけでも
2020年現在、11回も歌っていらっしゃるんだそうです。

それ以外にももちろんご自分のコンサートなんかでも
当然歌われているでしょうし、
もちろん練習だってなさるでしょう。

今まで一体、何万回歌ってこられたのでしょうか。

もちろんクラシック音楽の演奏家も同じ曲を
何度も、何か月も、何年も、何十年も、
演奏します。

でもだからしみじみと感心するんです。

同じ曲なのに、毎回拝聴するたびに、
同じかそれ以上の熱量で、
同じかそれ以上の迫力で、
毎回、むしろ進化しているんじゃないだろうか、
と思わせる同じ曲を歌い続けていらっしゃることが、
どれほどすごいことか・・・!

だって人間だもの、飽きるときだってあるんですよ。
だって人間だもの、調子悪い時だってあるんですよ。

私は石川さゆりさんは、
紅白でしかお見掛けしませんけども、
毎回、ブレもズレも衰えも全くなく、
40年以上前の同じ歌を進化させて歌い続ける
あの方のプロ意識に、心から敬服いたしております。

そして、石川さんの熱量をもろに感じるからでしょうか、
一度鼻歌で歌いだすと、止まらないんですよ、これが。
ず〜〜〜っと、一日中、何度も何度も、
頭の中でこのメロディが鳴り続けちゃって
少々困るくらいなのです。笑

実際この曲をやると決めて録音取り終わるまで、
私のお風呂の中の鼻歌は、
ず〜〜〜っと、この曲でした。

さ、冬真っ盛り。
季節も丁度良いですから、
皆さんもご一緒にいかがですか?



posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする