さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2012年05月23日

チョット以上、カナリ未満 その1

メトロポリタンオペラのライブビューイング映画
今シーズン最終演目の「椿姫」を
観て目まいりました手(グー)

演目看板ひらめきはヴィオレッタ役ナタリー・デセイぴかぴか(新しい)
現代最高手(チョキ)の呼び声高いこの歌手を、
私はまだ、聴いた事が無かったのです。

もともと女優さんだった事もあって、
演技も素晴らしいぴかぴか(新しい)という
評判を耳にしてましたし、
なにしろ美人だし黒ハート(←これ結構重要exclamation

彼女のヴィオレッタなら、
映画でも存分に泣けるもうやだ〜(悲しい顔)に違いない手(グー)

期待ムンムン揺れるハートでした猫

第1幕、既に幕の上がった舞台は、
カーブした白い壁と壁に沿った白いベンチに
人間より大きな文字盤の大きな時計が一つ。

微妙に音程の悪いヴァイオリンバッド(下向き矢印)がいささか気になる序曲中、
ドアになっている左側の壁の一部から
真っ赤なドレス姿のヴィオレッタヨロヨロー(長音記号1)と登場しました。

板付きで反対側のベンチに座っていた、
黒トレンチ姿のおじさんを見ると怯え出し、
やがて手を差し伸べて近づいていきます。

ヴィオレッタの一連の動きから察するに、
このおじさんって・・・。

私はてっきり、役柄としては存在しないけど、
病に冒されたヴィオレッタだけに見える
死の象徴のような役、だとばかり思っていました。
なので、第3幕でいきなり(?)歌いだしたるんるんときは、
大変、びっくりがく〜(落胆した顔)exclamationしたものです。
実はグランヴィル医師だったんですよね。わーい(嬉しい顔)
だったら、なんで1幕からそこにいるのさっ。パンチ

でもねえ。
この死神設定(だから、違うってば。パンチ)の演出の故なのか、
デセイの演技の故なのか、良く分かりませんが、

確かにヴィオレッタは、最初から病に冒されていて病院
今にも訪れるであろう死足に内心で怯え、
その恐怖から逃れるために享楽的グッド(上向き矢印)で自堕落バッド(下向き矢印)な生活を
送っている、という設定なんですが。。

怯えてヨロヨロー(長音記号1)している、感が強すぎて、
驕慢手(グー)な感じが出ておらず、
アルフレードと恋に落ちた黒ハート瞬間なんかも、
あまり楽しくなさそうバッド(下向き矢印)。(余計なお世話猫
おかげであの、ヴェルディの、甘〜〜い黒ハートメロディーが
甘く聴こえない失恋んですよね。

続く、第2幕第1場でも、パパジェルモンに説得されて、
悲しみのあまり、ヨロヨロー(長音記号1)・・・
第2幕第2場、アルフレードに手酷く侮辱されて
ショックのあまり、ここでもヨロヨロー(長音記号1)・・・
さらに第3幕、なかなか来ないアルフレードを待ちわびる
ヴィオレッタは、病のせいでやっぱりヨロヨロー(長音記号1)・・・

最初から最後までずっとヨロヨロー(長音記号1)してるだけ、
という印象でした。

この人、これで、本当に、元女優なのか・・・?モバQ

おまけに・・・声も絶不調爆弾だったようで。
第1幕からなんだか調子が悪そうで、
音程は外しまくるわどんっ(衝撃)、声に艶が無いわバッド(下向き矢印)・・・

アップになった時の、深く刻まれたシワ、と相まって
(いや、シワ、はオペラとはなんの関係も無いのですがたらーっ(汗)

だ、大丈夫なんだろうか?モバQ

と思うほど、ガッサガサの声バッド(下向き矢印)でした。
第1幕後の幕間インタビューで

ごめんなさ〜いexclamation高音、外したわ〜exclamation×2ダッシュ(走り出すさま)

と自己申告なさっていましたからたらーっ(汗)
自覚も十分にあったものと思われます。
(このあっけらかんとしたキャラは、
 実にいい味出してましたグッド(上向き矢印)個人的には大変好きだわーい(嬉しい顔)

ヴィオレッタ役というのは、幕によって、
別人の役か?と思うくらい、
全く違う要素を出さなくてはいけないのが大変なのだそうで
インタビュアーのソプラノ歌手デボラ・ヴォイト曰く、

本当に大変よね〜。だから、私は歌わないのよ。手(チョキ)

だそうですが。猫(このキャラも、いいなあわーい(嬉しい顔)

もっとも、デセイほどの歌手であれば、
こなせない役ではない、と思うのですが・・・
残念な感じバッド(下向き矢印)は幕が進むにつれてどんどん悪化していきました。
どう見ても、調子が悪かった、と思います。

特に胸声音域が辛そうでしたが、
ppにしようとすると声が掠れてしまうので、
押し切ろうとして音量を上げざるを得なくなり、
結局ずっとmfになってしまう。
ppが使えないから、張りつめたような緊張感も、
揺れ動く女心の繊細さも、全然無く失恋
声の色も、表情も、変化に乏しく、むしろガサツな印象バッド(下向き矢印)
おまけに演技も、ずっとヨロヨロー(長音記号1)してるだけ・・・?

正直、彼女の歌だけだったら、途中で帰ろうかな?足
と思ったほど、退屈眠い(睡眠)でツラかった失恋です。。がく〜(落胆した顔)

期待していただけに、ちょっと以上かなり未満、
これは、衝撃どんっ(衝撃)でした。。。もうやだ〜(悲しい顔)

しかも指揮とも、しょっちゅうズレズレ爆弾になるんですよね。

今、完全に半拍ズレてるんだけど、しかも全然戻れないでいるけど、
大丈夫か、修正できるのか・・・?
がく〜(落胆した顔)

と心配になったのが、一度や二度ではなかったバッド(下向き矢印)し。。

声質も、一人、異質で、
変な意味で浮き出ているように聴こえました。

アルフレードとパパジェルモンが、二人とも
体格もガッシリしていて、豊かで広やかな声だっただけに、
この二人に挟まれた時、
追いつめられた女の苦しみを表現する、というより
必死でがなりたてて騒いでいるだけ、に見え・・・

でも、これは・・・どうなんでしょうか?猫

今回の印象は、デセイの歌い方云々、というよりは、
やっぱり、調子が絶望的に悪かった爆弾せい、ではないのか、
という気がしてしまうのですが。。。

詳しい事は存じませんが、彼女は今までに、
大きな喉の手術を2度もやっている、とのこと。
もしや再発したのでは・・・?がく〜(落胆した顔)
と、いささかよけいな心配をして、います。

だけど、だったら、キャンセルすればよかったのに、ねえ。。猫
全世界に大々的に、
デセイの椿姫exclamation映画館映画でも上映exclamation
と宣伝されてしまった手前、休めなかったのだろうか・・・。

なんぞと、勝手に妄想していたのですが。
調子のよいデセイぴかぴか(新しい)を、是非一度、聴いてみたいものです。

ま、でも、とりあえず。
秋に来日して、演奏会形式でドニゼッティの
ランメルモールのルチアを歌うそうですが、
(確か)27000円(S席)有料も払ったりは、しないな、猫
と思ったことでした。
(続く)
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村


posted by KIKLKM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴェルディ・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

A Hero has passed

また一人、巨星が消えてしまいました。

昨日、5月18日、ドイツの偉大なるバリトン歌手、
ディートリッヒ・フィッシャーディースカウ
(Dietrich Fischer-Dieskau)氏が
亡くなられました。。

http://www.asahi.com/showbiz/music/TKY201205180715.html

もう86歳にもおなりだったのですね。
彼の「冬の旅」、好きでよく聴いていました。
残念です。もうやだ〜(悲しい顔)

ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村



posted by KIKLKM at 08:38| Comment(3) | TrackBack(0) | その他・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

代役パンダは、白お化け…?

先日、11日と13日に、チューリッヒ歌劇場
ぴかぴか(新しい)ヨーナス・カウフマン・ガラ・コンサートぴかぴか(新しい)
が行われる予定でした。
ところが、なにやら、風邪の気味病院にて、2日前の日に
ドタキャン爆弾パンチバッド(下向き矢印)になったのだとか。
METのワルキューレもキャンセル爆弾したようですね。

ヨーナス君、病気病院、多いですよね〜。ふらふら
ちょっと多過ぎなんじゃないのかしら・・・?
ま、どっちみち観にいけないから、私には関係ないけど〜・・・
(↑完全にひがんでパンチいるたらーっ(汗)

と思っておりましたが。猫

なんと、スイス在住飛行機の我が姉が、電話電話をかけついでに、
こんなことを言うではありませんか。

カウフマン・ガラの代替に決まった歌手がモノスゴイひらめきから、
 チケットチケット買っちゃった〜
るんるんこれから聴きに行くの〜るんるん

なによ、誰が歌うのよ??

と、HPを確認すると・・・

おおおexclamation×2なんとっ爆弾exclamation×2exclamation×2
5月11日の代役が、ぴかぴか(新しい)エディタ・グルベローヴァぴかぴか(新しい)exclamation×2exclamation×2exclamation×2がく〜(落胆した顔)

歌劇場のボスと喧嘩別れ爆弾して以来、一度たりとも
足を踏み入れなかった古巣、チューリッヒへの、
10年以上ぶりの復活手(チョキ)exclamation×2でした。

話題性、十二分手(グー)力量、言う事なし手(グー)
そりゃあ、チケット買うでしょうよっexclamation×2
私もその場にいたら涎垂らして買っていたでしょう。失恋

残念ながら(?)オペラアリアではなく、
アレクサンダー・・・・読めないたらーっ(汗)ダッシュ(走り出すさま)・・・
Alexander Schmalcz氏のピアノるんるんによる、
シューベルト、ヴォルフ・・・といった、
王道歌曲リサイタルのようでしたが。
でも、ねえ?猫

聴きに行った姉によると


顔に歳月が刻まれ、音程安定感にも翳りが見え、
あの、彼女の超高音の艶も、全盛期に比べると
振り絞る悲鳴に聴こえてしまって、とても寂しい失恋気がした。
しかしexclamation
アンコールに歌った、「こうもり」のアデーレのアリア
グルベローヴァの芸人魂手(グー)大炸裂exclamation×2どんっ(衝撃)
と言いたくなるほどのハッスルぶり手(チョキ)で、
とても60を越えた年齢には見えなかった。
結局最後には、ものすご〜〜く感動ぴかぴか(新しい)したし、
会場全体も大盛り上がりで総立ち大騒ぎぴかぴか(新しい)だった。


との事でございました。

ちぇ〜〜〜っ爆弾exclamationいいな〜・・・・もうやだ〜(悲しい顔)

そして姉が、私に見せようと一生懸命(?)
撮ってくれた写真カメラがこちら↓・・・


GetAttachment.aspx.jpg

なによ、この白お化けモバQは・・・・???たらーっ(汗)
これじゃ、まるで、昔懐かし、鈴木そ○子状態では・・・たらーっ(汗)
グルベローヴァって本当はこんな顔。わーい(嬉しい顔)


グルベローヴァ.jpg


ちなみに、13日の代替分は、というと・・・・

これまたド派手ぴかぴか(新しい)に、モノスゴイ手(チョキ)
ぴかぴか(新しい)レオ・ヌッチ・ガラ・コンサートぴかぴか(新しい)です。

椿姫より第2幕と、リゴレットより第2幕、
そしてシモンボッカネグラより第3幕exclamation
共演者もネッロ・サンティ(指揮)、
エヴァ・メイ(ヴィオレッタ)、
ピョートル・ベチャワ(アルフレード&マントヴァ公爵)
イザベル・レイ(アメリア)・・・

って、普通に全部観たい目exclamation×2わーい(嬉しい顔)

いや〜〜さすが(?)チューリッヒexclamation

ですけど、ねえ。。
このお方。
代替コンサート、と称するには、あまりにも大物っぴかぴか(新しい)。。
確かに、ヨーナスって、素晴らしい歌手ぴかぴか(新しい)には違いないけど、
そこまでの、大物なんだろうか・・・・?

と、つい余計な心配してしまいました。猫

もっともね。
私が何よりも素晴らしいひらめきと思ったのは、
チューリッヒ歌劇場の書き込みです。

「これこれ、しかじか・・・・ヨーナスカウフマンは、
 キャンセルバッド(下向き矢印)になりました。
 皆様のお手元のチケットチケットはそのまま、代替えコンサートにも
 ご利用いただけますが、プログラム変更に伴うチケットの
 払い戻しをご希望の方は、コンサート当日18時までに
 受け付けにご連絡下さればひらめき喜んでexclamation)お受けします。手(グー)

そうでしょグッド(上向き矢印)、本来、そうあるべき手(グー)でしょグッド(上向き矢印)、チケットなんて、
決して安い買い物有料じゃないんシャープダイヤルだからっexclamation×2
ニッポンの音楽事務所にも、見習ってほしい・・・・ちっ(怒った顔)exclamation×2

MET来日公演のチケット払い戻しをしてもらえなかった事を
未だに根に持っているちっ(怒った顔)筆者でありました。猫

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

お祭り野郎のその後

オペラ歌手に限らず、音楽家という人種は、
お祭り野郎晴れの割合が多いように思われますが、
中でもこのお方は、お祭り度ひらめきが突出手(グー)している、と思われます。

バリトン歌手、ジノ・キリコ(Gino Quilico)氏

http://www.ginoquilico.com/

父上のルイ・キリコ(Louis Quilico)氏共々、
カナダの誇るバリトン歌手、だとか。(←よくは分かってないたらーっ(汗)

パヴァロッティフレーニギャウロフと共演していた
ラ・ボエームマルチェッロ役のこの映像TV

この場面(第2幕)、マルチェッロが仲間たちと食事中、
お金持ちの新しいパトロンを引きつれた、
かつての恋人ムゼッタと鉢合わせ。
自分に全く目もくれない(フリをする)マルチェッロに
イラついたムゼッタが、誘惑のアリアを歌い、
パトロンを追い払って、その隙にマルチェッロをよりを戻す・・・

という、そもそもの設定自体がしょ〜もないたらーっ(汗)たらーっ(汗)場面なのですが、
それにしても、この、まるで吉○新喜劇爆弾のごとき
掛け合いの見事さぴかぴか(新しい)を目にして以来、
キリコ氏は、すっかり私のお気に入り揺れるハートと化したのでした。わーい(嬉しい顔)





ちなみに若かりし(当時22exclamation(まだパンチ)細〜〜っいexclamation×2ダッシュ(走り出すさま)バルトリとの
セヴィリアの理髪師フィガロ役でも、その軽やかなモバQバカっぽさ爆弾
輝いていたものでした。
このシーンは特に好き黒ハートわーい(嬉しい顔)
たらーっ(汗)





こんなに錚々たる方達と共演手(チョキ)している割に、
その後あまり名前を聞かないな〜と思ってたら
どうやら、最近はこういう路線で活躍ぴかぴか(新しい)されているらしく・・・・モバQ




そっちか〜・・・・猫

お祭り野郎晴れぶりは相変わらずだし、
マイク姿カラオケも、なんだか妙〜〜〜に似合ってます手(チョキ)、けど、ね。たらーっ(汗)


オペラ歌手るんるんがミュージカルとか、この手の曲を歌うカラオケと、
音程が正し過ぎ爆弾たり、リズムが正確過ぎ爆弾たりして、
たいがいパンチなものです。
それに比べれば、キリコ氏はずっとグッド(上向き矢印)、イケテル方手(チョキ)だと思います。

でも。

その道のプロひらめきらしいもう一人の人(誰かは全然知らないわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
に比べると、歌い方の生真面目感は否めないような・・。猫

映像最後にお遊びのように歌っているオペラアリアるんるんの時が
やっぱり、グッド(上向き矢印)一番グッド(上向き矢印)、堂に入ってて手(グー)、様になってるし手(チョキ)
カッコよくぴかぴか(新しい)見える手(パー)と思うのですけど、どんなものなのでしょうね?猫

オペラとかクラシックの音楽活動るんるんの方は、
かなり控えめバッド(下向き矢印)になようで、残念だな〜もうやだ〜(悲しい顔)と思ってしまいます。
ま、ご本人が楽しそう手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)だから、いいんですけど。猫

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

posted by KIKLKM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

衝撃的な20年前の20年後

一昨日から、何を思ったか、読書三昧本です。
といっても、純文ではなくて、児童文学に近いのですが。猫

実は、20年ぶりに、アレクサンドル・デュマ
ダルタニャン物語」続編を読み耽って本おりました。

まだごく幼い子供の頃「世界名作文学全集」に載っていた、
アレクサンドル・デュマの「三銃士」にすっかり嵌りハートたち(複数ハート)
ダルタニャンぴかぴか(新しい)アトスぴかぴか(新しい)のどちらがより格好良い揺れるハートかについて、
一人、真剣に考え込んでいた爆弾(決めかねていたたらーっ(汗))私。

ボナシュー夫人ミレディーの冒険にも、憧れたムードものです。
もっとも2人とも、閉じ込められたりバッド(下向き矢印)、傷めつけられたりバッド(下向き矢印)
最後に殺されたりバッド(下向き矢印)、と、幸せそうには、全然、見えなかったふらふらため、
その立場に立ってみたくはありませんでしたけど。わーい(嬉しい顔)
(当時の私の中の「なってみたい物語女主人公No.1」は
 レ・ミゼラブルコゼット嬢でした。
 なぜ、シンデレラ、とかじゃないのかは自分でも謎たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)

毎年クリスマスクリスマスにプレゼントプレゼントをくれていたサンタさんが
本当は自分の父親だったがく〜(落胆した顔)事を悟ってしまった失恋お年頃になって、
三銃士には続編がある手(グー)、ということを知りましたひらめき

「ダルタニャン物語」全11巻を揃えてもらい手(チョキ)
ホクホク喜びつつわーい(嬉しい顔)読んでみると目・・・

「世界名作文学全集」って、子供向けに色々と、
良心的な改ざん爆弾がなされていたんですよね。

まずもって、主人公ダルタニャンとボナシュー夫人。

原作でははっきりと不倫の恋が描かれていますが、
子供用では、ダルタニャンがボナシュー夫人に
せいぜい「憧れる」だけ。

ボナシュー夫人に恋をしながらミレディーともできちゃったパンチ
なんてもちろん、書いてませんでしたし、
そのミレディーが、実はアトスの元奥さんで、
アトスの鬱症状の元凶パンチである、だの、
アトスとの結婚が解消できてないのに
イギリスに行ってウィンター卿の弟と重婚したどんっ(衝撃)、だの、
といった、エグイ(?)表現爆弾は一切抜き、だったもので、
原作を通して読んだ時は、かなり衝撃がく〜(落胆した顔)を受けたものでした。

おまけに、楽しみにしていた三銃士の続きのお話が
なんと20年も経た後の再会、ときたものです。
40代の銃士達なんて、当時の私には、
あまり想像したくないもうやだ〜(悲しい顔)姿、でした。

第3部に至っては、主人公がダルタニャンではなく、
アトスの息子、ブラジェロンヌ子爵に変わってしまい失恋
銃士達は脇役として登場するだけ。
そして彼らはその後もどんどん老けていくバッド(下向き矢印)のです。もうやだ〜(悲しい顔)

思い入れが強かっただけに、ショック失恋も大きかったんですよね。
老いて、衰え、そして死を迎えていくモバQ、かつての勇者たちぴかぴか(新しい)の姿を
長く手元にとどめるには、あまりにも幼かったパンチ私は、
一応、読んだ、という段階で、早々に、古本屋に
売り飛ばしてしまった有料のでした。。ふらふら

ところがある日、ふと読み返したくなって本屋さんで探したんですが、
いくら探しても無いんですよ。
おかしい、と思って調べたら、衝撃的事実爆弾が判明しました。

なんと、差別用語が多いから、という理由で
絶版爆弾になっていたのです。

そんな、バカな、あれほどの名作を・・・・exclamation×2がく〜(落胆した顔)

無い、とわかると、ものすごく読みたくなる、天邪鬼な私パンチ

数年後。
私と同じ意見の方々の復刊要望にこたえて
再出版ぴかぴか(新しい)が決定したひらめきと新聞記事で見かけました手(チョキ)
いや、嬉しかったですね〜〜exclamationわーい(嬉しい顔)

しか〜しexclamation×2

復刻版は、まさかのハードブックで、
2000円、全巻22000円、という
これまた、恐ろしく有料衝撃的なお値段がく〜(落胆した顔)だったのです。

おいおい、それじゃ、買えないパンチよ〜〜〜。。ふらふら
仕方ないか。。
値段が下がるか、古本屋さんに出回るのを、待とう・・・。


・・・と、まあ、そんなわけで。猫

それほど熱心に手(グー)、ではなかったけど、
でも細〜く、長〜く探し続けていたダルタニャン物語の
第2部「二十年後」(全11巻の3〜5巻)を
先日、古本屋さんで、ようやくゲット手(グー)したところなのでした。わーい(嬉しい顔)
(説明、長っパンチたらーっ(汗)

そして読みだしたら、これが、面白くてグッド(上向き矢印)、面白くてグッド(上向き矢印)・・・。
止められないんですよ〜。わーい(嬉しい顔)
なんで、こんなに面白いものを売り飛ばしたんだか・・・。
20年前の私を、蹴ってやりたいっ足ちっ(怒った顔)

と思いつつ、日間、読みっぱなしでした。わーい(嬉しい顔)

好き黒ハートなんですよね〜、デュマの物語って。
翻訳物なのに伝わる、この切れ味グッド(上向き矢印)リズム感るんるんスピード感遊園地
文字通りの痛快活劇、ですよね。
う〜ん、やっぱり、ダルタニャン万歳〜exclamation×2手(パー)わーい(嬉しい顔)手(パー)

ところで。猫

読みっぱなしの2日間目、私には、
絶版になるほどの、差別用語なるものが、どこにあったのか、
全っ然分かりませんでした。。ダッシュ(走り出すさま)
絶版用語が見つけられないんなんて、私の言語感覚って、
絶版どころか、もしや、焚書もの、だったりして・・・がく〜(落胆した顔)

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

posted by KIKLKM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)