さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2013年01月16日

百やそこらで収まるもんか

そして煩悩その5。

ポスト3大テノールの呼び声が高かった(過去形?)
ロベルト・アラーニャ氏。
この甘〜い声黒ハートは、怒るより、恋黒ハートを歌うか
口説いているか黒ハート、していてほしいと思うけれど、
節回しとか、アリアの中で自虐的に笑う部分とか、
実は私、この方が一番好み黒ハートだったりします。
もっとも
時に本物の奥様(ゲオルギュー)とは、結局
いかがおなり遊ばしたのでしょうか・・・?

というワイドショー的好奇心も、
尽きないお方ですよね(そうか?パンチ




この方もポスト3大テノールの呼び声は高かったですよね。
ホセ・クーラ氏。
チューリッヒでは一時期評判を落としていたバッド(下向き矢印)けれど、
トゥーランドットのカラフ役で再ブレーク(?)を果たグッド(上向き矢印)し、
次のシーズンでこの道化師とカヴァレリア・ルスティカーナの
カップリング公演で主演されていました。
スゴイ迫力手(グー)でしたよ。

この映像は精神的にヨロヨロー(長音記号1)な雰囲気を出すためか、
前置き(前奏の意)がイヤに長い。。
目を向いた顔つきとか、怒りをふくんだ表情とかは、
そのものズバリexclamationなんですが、
節回しが独特ですよねぇと感じるのは、
ドミンゴやデル・モナコで耳耳が慣れ過ぎているせいかもしれませんが。
でもやっぱり、捨てがたい魅力黒ハートがあるんですよね、この人。
うん。




上の2人がポスト〜と歌われていた時の、3人目が誰か
ハッキリ覚えてないのですけど、この方だったような気もします。
(・・・っていい加減パンチな・・・たらーっ(汗)
故サルバトーレ・リチートラ氏。
「故」と書かねばならないのが、返す返すも残念です。
同じコンサート形式ながら、登場の仕方足が全然違いますね。
ホセ・クーラの後にみると、この曲歌うのに
にこやかに出てこないで〜と思ってしまいます。わーい(嬉しい顔)
そのせいか分かりませんが、
ホセ・クーラは間違いなく狂気の世界どんっ(衝撃)に行ってましたけど、
この人は嘆いているだけのお人よしで、
この後人殺しをするようには見えませんダッシュ(走り出すさま)




そして、我らが、ぴかぴか(新しい)ヨーナス・カウフマンぴかぴか(新しい)

・・・と言いたいところですが。
実はこの道化師のメイキング映像の歌、
私はあまり好みではありません。失恋
発声が暗過ぎるバッド(下向き矢印)のよね。

なんというのか、ドン・ホセとかウェルテルみたいに
真面目故にウジウジ悩む根暗男爆弾は、
実にヨーナス君に似合ってると思うんですが、
このカニオみたいに、物なんか考えない、感情だけで動く、
みたいな役を、真面目なヨーナス君が歌うと、
哲学的に苦悩しているひらめき
ように聞こえるんですよね。
それは、ちょっと、違うんじゃないのかな。。。

ま、CD録音の時は生演奏時のような感情的な演奏ではなく、
きれいに整って歌ってしまう、というは、誰しも同じでしょうけど。

いや・・・ま・・・でも・・・なんだかんだ言って・・・やっぱり・・・
好き揺れるハートだなあ・・・ぴかぴか(新しい)
と思っちゃうんですけど、ね・・・猫




除夜の鐘で突いてくれる煩悩は、たったの108個。
しかし、好きなオペラの数はそんなものじゃ済みません。
ということで、今年も筆者のオペラ煩悩モバQ爆弾
まだまだ増える一方のようです。
(なんのこっちゃい?パンチ

さて、皆さまの煩悩はいかに?
今年もよろしくお願いいたします。猫


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村





posted by KIKLKM at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | その他・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

煩悩百鬼夜行

皆さま、明けましておめでとうございます手(チョキ)

年末年始は「こうもり」を観るぞ〜目
と思っていた筆者でしたが、
何を間違ったか(?)ヒョイと観てしまったのが
フィギュアスケート雪

女性陣の活躍も鮮やかでしたが、
男子選手の群雄割拠ぶりたるや、目を見張るものが・・・・

なんぞといっぱしのスケート解説者を気取るつもりは無いのですが。たらーっ(汗)

フィギュアスケートという競技は、
クラシック音楽るんるんを使う事が非常に多い。
そして困った事にオペラを使うパターンも大変多い。

カタリーナ・ビットのカルメンとか(古い?)
荒川静香さんのトゥーランドットとか。
そして今シーズン、高橋大輔選手が、
レオンカヴァッロ道化師るんるんですよ。

特に「衣装をつけろ」のあのメロディーるんるん
一度聴いたら頭にこびりついてリフレインし続けるのでCD
ただでもその後、しばらく困るふらふら、というのに、
年末にスケートの大会が何回もあって、
それも夕ご飯時に放映TVされていたもので、
つい、何度も何度も見てしまったんですねぇ。あせあせ(飛び散る汗)

フィギュアスケートの曲って、競技時間内に収めるために
強引にワープ爆弾する事がよくありますよね。
あまりに強引過ぎて、聴いていて
そ、そうくるか〜exclamation&questionがく〜(落胆した顔)
とビックリする事が多いのですがわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
高橋選手の曲のつなぎはスムーズで違和感があまりなかったため
ますます頭がパリアッチでいっぱいハートたち(複数ハート)になってしまいました。

除夜の鐘を聴いてどんっ(衝撃)、年越しそばを食べてもレストラン
オペラ煩悩モバQ爆弾は去る事を知らず・・・パンチ

ううう〜〜〜・・・・ちっ(怒った顔)

というわけで耐えられなくなったので、垂れ流し爆弾開始しますわーい(嬉しい顔)
例によって(?)Youtube、聴き比べ大会、です。手(チョキ)
全く、新年早々何をやってるんでしょうか・・・。ダッシュ(走り出すさま)

まずは3大テノール、プラシド・ドミンゴ氏。
映画バージョン映画のやつですね。
やはり大本命手(グー)でしょう。
ネッダの話を聞くと、カニオも結構いやなヤツなんだけど、
でもドミンゴが歌うと、カニオ、やっぱり可哀想だよ・・・。
泣ける・・・もうやだ〜(悲しい顔)
ただし、化粧がモロに途中のまま立ちあがっちゃうので
え?その顔、その後、どうするの?
というのが微妙〜に気になる・・・たらーっ(汗)
右のこめかみが、塗れてないよ〜・・・たらーっ(汗)




続いて、故ルチアーノ・パヴァロッティ氏。
もうだいぶ、貫禄がおつきになってからの録音のようで、
ちょっと語尾の始末の仕方(?)が、独特の癖があり過ぎる爆弾
ような気はしますが。
でもやっぱりいい声です。
しかも泣きの演技をするときに、
あの陽気なパヴァちゃんが泣いているよっぽど悲しいんだな
と、つい思ってしまう・・・という
得なのか損なのかよく分からない効果ひらめきもあるような気が・・・たらーっ(汗)
と思うのは私だけでしょうか?わーい(嬉しい顔)




と、来たからには次はこの方しかありませんね。
ホセ・カレーラス氏。
まーなんとも、お品の良いぴかぴか(新しい)、繊細なぴかぴか(新しい)道化師ですね。
パヴァロッティの後に聞いたからそう思うのだろうか?パンチ
この後本当にネッダを殺せるどんっ(衝撃)のか、心配になるような・・・?ダッシュ(走り出すさま)
動いている映像が見当たらなかったのが残念。




お次は往年の名歌手、マリオ・デル・モナコ氏。
実はワタクシ、CDCD持ってます。
何回聞いても、見事なラッパぶり演劇
でも道化師にしちゃ、ちょっとその朗々たる声は高貴ぴかぴか(新しい)過ぎな気も・・・。
(別に、ドミンゴやパヴァロッティが下品爆弾という訳ではありませんよexclamation
立派な部屋にの衣装といい、
一瞬ドン・ジョバンニかと思った。。
でも、はまってるなあ〜、さすが。。



煩悩はまだまだ続く・・・。

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)