さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2013年03月12日

おまけパンダ

ツェルビネッタ役のエレーナ・モシュクぴかぴか(新しい)

ツェルビネッタはそもそも、主役アリアドネそっちのけで、
存在感たっぷり手(チョキ)ひらめき超巨大超絶技巧アリアるんるん
Grossmachtige Prinzessinn偉大なる女王様」を歌う
ド派手ぴかぴか(新しい)な役ではありますが。

彼女のジルダやらオランピアやらを聴いている耳限り
それほど期待出来ない失恋よな〜と思い込んでいたせいパンチでしょうか、
正直、

え?この人こんなにすごかったっけ???がく〜(落胆した顔)

と思ったほど、大爆発爆弾の活躍ぶり黒ハートでした。

それにしても、こんなトンデモナイぴかぴか(新しい)難曲るんるん
でもR.シュトラウスお得意の、蕩けそうに甘美な旋律揺れるハート
作曲する方もする方だけど、歌う方も歌う方ですよねぇ。猫

そもそもメロディーが覚えられない。たらーっ(汗)
音程が複雑で輪郭が全然ハッキリしないので、
素人の私には口ずさむことさえできません。たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)

もし仮に、私がモシュクさん家の隣家の住人家だったとして、
彼女がこれを練習しているるんるんのを壁越しに聞いたとしても、
間違いなく、モシュクさんが発狂モバQした爆弾がく〜(落胆した顔)爆弾
と思うに違いありません。猫

これだけ、好き勝手にグッド(上向き矢印)(いや、記譜通りなんだろうけどダッシュ(走り出すさま)
歌えたらるんるん、人生、随分、楽しいぴかぴか(新しい)でしょうね〜・・・。猫

歌い終わった時、観客のブラボーの嵐ぴかぴか(新しい)もすごかったけど、
舞台上で聴きいっている設定の
ホフマンスタール(ミヒャエル・ロチョフ)が
満面の笑みで拍手手(パー)していたのは、
きっと芝居ではなかったに違いない。猫

以前チューリッヒで観た時の大変そうに歌っていた方とは
全然違って
(チャイナなジャイ子が恋の手ほどきをば・・・
 http://opera-zurich.seesaa.net/article/143288475.html
余裕を持って楽々歌っているのがさすがぴかぴか(新しい)でした。

何度も繰り返すようですが、このオペラでは
ツェルビネッタの印象が強烈手(グー)になるのは
致し方ないのですが、
モシュクさんの大活躍ぴかぴか(新しい)により、
アリアドネの印象は、ほぼ、無く爆弾
NHKがしきりに宣伝していたバッカス役、
ヨーナス・カウフマンも、ハッキリ言って
全身柄のピッタピタ・パンツスーツが
イヤに似合っていたたらーっ(汗)、という以外
正直、あまり記憶にありません。。モバQ

あっぱれ、ツェルビネッタひらめき
エレーナ・モシュクさん、万歳ぴかぴか(新しい)exclamation

で、ございました。猫

どうでもいい事ですが、今回のアリアドネ公演に登場した
バレリーナはチューリヒ歌劇場のダンサーだったそうですね。

そういや、チューリヒ歌劇場の支配人だった
アレクサンダー・ペレイラ氏が昨シーズン、
つまり2012〜13年のシーズンから、
ザルツブルグ音楽祭の支配人に変わりましたね。
もしかして、ぺレイラ氏が引っ張ってきたのでしょうか・・・?

さらに、そう言えば、
チューリッヒ歌劇場の出演歌手が、今まで常連だった、
ヌッチクーラベチャワヨーナス
メイフリットーリカサロヴァバルトリも、出ておらず失恋
代わりに「かつて劇場のお偉方と喧嘩爆弾をして以来、
チューリヒに出演しなくなったパンチ」ハズのグルベローヴァ
復活(?)公演グッド(上向き矢印)をしたりして、随分様変わりしている模様。。

支配人移動による歌手地殻変動、
まだまだ今後も注目目なのかもしれません。猫

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | R.シュトラウス・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

やがて哀しき近目かな

このオペラ、私の理解したところによると、
未亡人という立場上、次の恋黒ハートに踏み込めないでいる
伯爵夫人オットニーを、ホフマンスタールが
「町人貴族」をもじったお話を語り聞かせて口説くキスマーク

という設定なんですよね。

つまり、「お話」町人貴族の中の劇中劇として語られる
アリアドネの話
(恋人に捨てられて悲しんでいたけど、
やがてバッカスと新しい恋に落ちる(スゴイ要約たらーっ(汗)))
にオットニーが自分の立場に重ね合わせて共感し、
オペラが終わるころには、ホフマンスタールとの
新しい恋黒ハートに一歩踏み出す足気になる・・・

という趣向(?)でして。
文字にすると、いささか以上にややこしい爆弾ですが。

舞台後方の階段状の客席から、アリアドネを観劇するのは
ジュールダンと替え玉ドラント伯爵&替え玉公爵夫人ドリメーヌ。
本物のホフマンスタールとオットニーは舞台上で
歌手達と入り組んで歩き回ったり、見守ったりしています。

さて。

幕が開くと、寂れた島・・・の代わりの、
足が折れたり爆弾蓋が取れたりむかっ(怒り)枠が無かったり失恋している
何台ものグランドピアノ達るんるんの隙間で
もぞもぞと動く、小山のごとき人物(失礼exclamationパンチ)がいます。
そう、噂のアリアドネです。

この小山嬢をお見かけした時、ある意味ホッわーい(嬉しい顔)としたものです。

オペラというと、喜んで「拝聴耳」したいけど
あんまりアップで「拝見目」するのはご遠慮申し上げたい失恋
と思う確率が結構高いじゃないですか。ダッシュ(走り出すさま)

第1部の美男美女俳優陣と比したとき、

小山と思われた、主演アリアドネエミリー・マギー
そのたくましき二重あご手(グー)、放っておいたら喰われてしまいそうな、
縦長長方形にでっかく開かれた口キスマーク、とか、
(遠ー(長音記号1)くからのビジュアル的には、嘆きが極みに達していると
 受け取れなくもないダッシュ(走り出すさま)

網タイツ姿も大胆なエレーナ・モシュク
きっとロングブーツ履く時ジッパーを上まであげるの大変でしょうね?
と思われるおみ足足
ずり落ちてこないようにかなりギュウギュウに締め上げたー(長音記号2)であろう
ベアショルダードレスの上に、ムニャと溜まってしまった背中の肉ファーストフード、とか、
(遠ー(長音記号1)くからのビジュアル的には、肉感的でセクシー黒ハート
 言えなくもないダッシュ(走り出すさま)

マリ・クロード・シャピュイの、優雅なオーガンジーの肩掛けの下で、
身動きする度に、膨らんだフグのごとくたっぷたぷに揺れる船二の腕、とか。。
(遠ー(長音記号1)くからのビジュアル的には、オーガンジーが豪華ぴかぴか(新しい)になっているように
 見えなくもない)

そんなものを見ると、ああ、知ってる知ってる、と・・・。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)パンチ

オペラ歌手ってぇのは、やっぱり、
アップになると、この手の「ム?爆弾」感が残るけど、
観客が聴きいるふりをして好意的グッド(上向き矢印)に見ないふり手(チョキ)をしているすきに、
その「ム?」感を、音楽の力でもって吹っ飛ばす爆弾手(グー)
てぇのが本物なんですよ。うん。猫(???)

そして、本当に、吹っ飛ばして爆弾ダッシュ(走り出すさま)くれたんですね〜。わーい(嬉しい顔)

(続く)



にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | R.シュトラウス・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)