さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2016年09月25日

私利私欲の日

そしてお次が、ヴォルフガング・ベッチャー氏と
クリストファー・ヒンターフーバー氏の
チェロソナタ第2番でした。

しみじみ〜と良い曲です

こちらのお2人の組み合わせも、私は初めてですが、
こちらはほとんど意見の対立を見ず、
ホンワカとした雰囲気のまま、
和やかに合わせが進みました。

なんだろう・・・この違いは・・・?

この曲の舞台リハーサルで、私はベッチャーさんの調弦
お手伝いしました。
お手伝いと言ったって、ピアノでを弾くだけのはずだったんですが、
その後、黙ったまま、C線、G線、D線、も、
入れ替わり立ち替わり、あっちこっち、次々と弾き始められたもので、
それに合わせてピアノも

ラ、ド、ソ、ド、レ、ラ、ド・・・・

って、まるで聴音のテストでもされているかのようでした

さて。

このソナタはピアノのトレモロ奏法で始まります。
これ、結構、弾きにくくて、イヤなんですよね。

クリストファーさんはこのソナタを、ウィーンで、
ブラームスがこのソナタを作曲した当時のピアノを使って
演奏した事があるのだそうです。
そのピアノは鍵盤が大変軽く、このトレモロの部分が
モノスゴク、弾きやすかったのだとか。
曰く

現代のピアノでこのソナタを弾くのはアンフェア

だそうです

こちらでは大変興味深いお話が聞けました。

ベッチャーさんは以前、この曲の原典版
ご覧になった事があるのだとか。
第1楽章の展開部から再現部に戻ってくるところで、
ピアノの右手が、原典版では現在出版されている版と違い、
1オクターブ高く書いてあったのだそうです。

再現部に音楽的に流れ込むように入って来られるから
僕は原典版の方がずっとステキだと思うんだ。
なぜ書き直してしまったのかと思うぐらいだよ。君はどう思う?


と問うベッチャーさん。
クリストファーさんも試しに弾いてみて

確かに。これ、すごくいいな
良い事教えてもらったよどうもありがとう


と喜んで同意され、当日もしっかり原典版で演奏されました。

このぐらいの変化だったら、私にもすぐ対応できるから、
もし今度このチェロソナタを弾く機会があったら、
私もマネっ子させて頂こうと思います
ベッチャー先生、ありがとうございます


そして、本番の日。
懸念していた台風は上陸したけど、雨はそれほど酷くなく、
無事コンサートは開催されました。

しかし。
雨や湿気で髪型が崩れちゃうのはよくあることですが、
ヒンクさん(以下H)にも同じ事が起ったらしく。。

GPが終わった後、ヒンクさんに尋ねられました。

H「ヘアスプレー、持ってる?

演奏していたら前髪が落ちてきちゃうから固めたい、
との事でした。
残念ながら私は持っておらず
ステージにもそんなマニアックな備え付けは無く
仕方が無いので、

私「誰かに車で買いに行ってもらいましょうか?
H「うん、きっとセブンイレブンに売ってるはずだから。僕行く

という訳で、本番前に雨の中、ヒンクさんはスプレーを買いに
街に出れらたのでした。
ちなみにその後、無事スプレーを購入出来たヒンクさんは、
わざわざ私にもその旨、報告して下さいました。

H「セブンイレブンじゃなくて、セーブオン()に売ってた

そ、そうですか・・・


)セーブオン ; 群馬県を本拠とするコンビニエンスストア

この演奏会で面白かったのは、GP本番の違いでした。

リハーサルでもGPでもそんなに感じなかったのですが、
本番、若いクリストファーさんが思い切りよく、
本番独特の緊張感とオーラとエネルギーを放出させると、
前のおじいちゃま達(失礼)がちょっと・・・・
音量的にも迫力的にも、負けちゃうんですよね。。

考えてみたら、40代の脂が乗り切った若者と、
倍ほどの年齢の熟年演奏家と、
経験値とエネルギーが逆転しているのは仕方ない事なのかもしれません。

そして、パワーを思いっきり投げようとしたクリストファーさんが
おっとどっこい
とばかりにエネルギーの方向転換をしたりして・・・

多分普通のコンサートではあり得ない組み合わせでの、
まるで会話をしているかのような音楽ののやり取り。
これも草津ならではのと言えるのかもしれません。

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

posted by KIKLKM at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

ホクホクの日

14日間の期間中3日も遅刻を致しますと、
初舞台(初めてコンサートでめくる日の意)が第日目という、
とんでもない事になっていた筆者。
いつもなら、音楽祭中頃のハイライト、
筆者にとっても前半を乗り切った後、言わば譜めくり休憩日(?)
のように来ていたはずの合唱の日が、
私の初舞台より前に来てしまいました。

乗り遅れ感、半端ない・・・

第5日目。
今年3月に亡くなったN・アーノンクール氏に捧げて演奏された
ヴェルディ作曲レクイエムには、
素晴らしいスターが登場なさいました。
今回、草津初登場となった、ソプラノの森谷真理さんです。

世界各地の主要オペラハウスでタイトルロールを歌ってこられた
伸びやかで輝かしいは、まぎれもなく素晴らしいもので、
こんな素晴らしい日本人歌手がいるなんて、正直、
大変ビックリしました
ジェンマ・ベルタニョッリさんを始めて聴いた時と
同じくらいの衝撃を受けたように思います。
「本物、登場」
http://opera-zurich.seesaa.net/article/374986453.html?seesaa_related=category

今後、あいちトリエンナーレオペラ、ニッセイオペラ、等々、
日本でも活躍なさるようです。
また聴く機会もありそうで、楽しみですね

そして、その日の夜。

第6日目、ブラームスのイタリア
つまり、オール・ブラームス室内楽というワタクシが
ホクホクになる日の舞台リハーサルがありました。

まずはウェルナー・ヒンク氏とクリストファー・ヒンターフーバー氏の
ヴァイオリンソナタ第3番

ヒンクさんとクリストファーさんが草津でデュオを演奏なさるのは
初めて聴きました。
大好きな曲で楽しみにしていたのですが、このお2人、
どうも意見が合わない。。

音楽的に、お互い、「いや、そこは譲れない」と
言いあいになる(喧嘩してる訳ではなくてあくまで「意見交換」)
事が、他の合わせ現場より多いような気がしました。

同じウィーン人同士なのに、面白〜い

そして、第1楽章と第2楽章の合い間で、ヒンクさんがおもむろに

ヒンク(以下H)「そう言えば知ってる?今台風が来てるんだよ。
しかも3つも(何故か私に向かって)ね?


と、なんだかひどく楽しそうにおっしゃいました。

クリストファーえ?ほんとに?大きいの?

私「大きいかどうかはよく知らないけど、3つ来てる事は確か。
しかも1個は明日、あなた達の本番の日に来るらしいよ


そうなんです。今年の草津は台風に大変恵まれて(?!)いて、
期間中にいくつもの台風と、ゲリラ豪雨
見舞われたのですが、
このブラームスの日に至っては、台風上陸予定
だったのですねえ・・・
しかも、予報では、よりにもよって、
ドンピシャで、コンサートの時間に、群馬県に。

考えてみたら、その前の
クリストファー氏ソロリサイタルの日も、
このブラームスの日も、
その後彼が弾く日はいつも、

必ず、大雨、だったのです。

万が一気にしてたら悪いから、本人には何も言いませんでしたけど

・・・さぁ、誰なんでしょうかね、台風を呼んだのは??

ちなみに本日も関東は大変な大雨でしたが、そう言えば、今日、
クリストファー氏がお国でコンサートだと言っていたような気が。。。

さて。

そんな風に、のどか〜にお天気話をしながら、
譜面台の高さを変えようとしたヒンクさん。
高さ調整に両手を使うので楽器を置こうとして、
舞台上で場所を探したけど、見つからなかったヒンクさん。
つかつかと後ろに歩いてきて、

Hはい
私「え?
Hちょっと持ってて
私「?!

そもそもヴァイオリンと言う楽器を、持った事さえなく、
何処を掴んだらよいのかもよく分かっていない私に、突然、
(↑「持つ」ではなく、「掴む」と言ってる時点で、何をか言わんや・・・)
楽器と弓を手渡されるではないですか

・・・ちょっと待て!!

ウィーン・フィルを退団なさってから、ヒンクさんの楽器は
ストラディヴァリウスではなくなったらしいけど、
それにしても、これって・・・・

・・・・はしないかもだけど、スゴイお値段、だよね?きっと。。
ピアノの1番高いやつより、高いよね??絶対?
今、私、責任、重大、だよねぇ・・・?
ま、万が一、お、お、落としたり、したら・・・


落っことさないように、むんずと掴みたいけど、
むんず、とやるには、軽く、繊細過ぎる手触りで・・・・

どこからどう見ても危なっかしい手つきで、
渡された姿勢のままひたすら固まっていた私。。
ほんの数十秒の間に、ものすごいスピードでグルグルと
色んな事を考えてました。

そしてひょっこり、横を見ると、私の怪しげな手つきを見て、
フっと笑っているクリストファー氏が・・・・・

笑うぐらいなら手伝ってよっっ!!

と心の底から言いたかったです。。。

ていうか、そもそも、私に譜面台の高さ調整をさせて下されば
こんなオッカナイ思いはせずに済んだのですよ、ヒンクさ〜ん

そう言えばアテンドしてくる時も、新幹線の待合室の長椅子に、
ポイッと楽器を放置してお手洗いに行っちゃったヒンクさん。
隣に座った人が軽くぶつかって椅子の上でグラついた楽器を支えて、
き、気をつけて下さいね〜
と声をうわずらせた私にも
良いんだよ、良いんだよ、もうコレ古いし
とか言っちゃってたヒンクさん。
ラフ過ぎませんか、ヒンクさ〜ん


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

遅れても、書かないよりは、マシですね。(ね?)

そしてまた、この季節がやってまいりました
(そしてもう通り過ぎちゃいました・・・

第37回 草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル です。

ちなみに。
皆様、ちょっと、この草津〜以下のタイトル、
音読してみて頂けますでしょうか?

音楽祭期間中、天皇皇后両陛下の行幸啓がありまして、
両陛下がコンサートにご臨席なさる日の開閉演時と休憩時に、
実はワタクシ、特別注意事項(特別マナー?)をアナウンスする
という特殊任務(?!)を帯びておりました。
(帯びるほどの「任務」では決してない・・・

ま、要するに、
草津〜にお出で頂いてありがとうございます、云々〜
と、しゃべったわけなんですが、
この滅法長いタイトルの、一体どこで、息継ぎをするか、で
ちょっと考え込んでしまったのです。

草津、夏期」までは良いんですけどね。

国際音楽アカデミーアンドフェスティバル」か

国際音楽アカデミーアンドフェステイバル」か

国際音楽アカデミーアンドフェスティバル」か、etc.etc...

どうでもいい位の違いだし、多分お客様は誰も聞いてない、
と思うのですが、いざ読むとなると迷い、
そして周りにいたスタッフの意見も割れておりまして。。

皆様はどう思われます?

さて

ワタクシは例によって、譜めくりをしに行ったのですが、
今年は珍しく予定が合わず、3日ほど、遅刻参加となりました。
そして同じく3日遅刻の、元ウィーン・フィル・コンサートマスター
ヴァイオリン教授のウェルナー・ヒンク氏と東京で落ち合い、
新幹線で草津入りをいたしました。

通常、このように、アーティストと同道する事を
アテンド」と呼んでおり、立派なスタッフ業務の一つなのです。

が。

さすがなんですよね〜、ヒンクさん。

なにしろ草津にも私の6倍位の回数行っていらっしゃいますから
草津の街中の事も私より断然お詳しい事は、
既によく存じ上げておりましたが、
そもそも来日自体が、数えるのもイヤになるくらいの回数ですし、
当然東京駅も軽井沢駅も、勝手知ったる・・・・なわけで・・・

あ、エスカレーターね、こっち側にもあるから
新幹線は座席のあっち側にトランクを置けるスペースがあるよ
「(軽井沢の駅にて)車は大賀ホールの側に来てくれるんでしょ?
だったらこっち側だよ


・・・・さぁ、私は一体、アテンド、
していたのでしょうか?されていたのでしょうか???

今年の音楽祭のテーマは「イタリアから、イタリアへ
去年のような長〜いテーマ
「ビッグバードはクマに勝てるか?」
http://opera-zurich.seesaa.net/article/425691937.html?1474353365

から一転、随分すっきり、分かりやすいテーマでございました。

何しろ「ア」、カンタ〜レのお国でございますから、
プログラムにも当然、が多い。
そしてもちろん、賑々しいペルージャ
)達の活躍の場も多い。
バナナの消費量も多い(
※参照))

さらに何故か「ブラームスのイタリア」と題された、
ブラームスの室内楽尽くしの日が2日もある、という、
ブラームス好きの筆者としては小躍りしたくなるような
大変楽しい期間でございました

私が間に合わなかった、最初の2日間はウィーン国立音大教授、
ピアニストのクリストファー・ヒンターフーバー氏が
八面六臂の大活躍をなさっていたようでございます。
(↑草津入りするまでプログラムを見なかったので知らなかった

初日にピアノ協奏曲、2日目にソロ・リサイタルを、そして
6日目にはVnソナタとVcソナタと三重奏曲を、これまた全て1人で
演奏なさったクリストファー氏は、お会いした時
なんかデッカイ国際コンクールでも受けてるみたいだった
とぼやいていらっしゃいましたが。
お疲れ様でございます。(←ひとごと

オルケストラ・ダ・カメラ・ディ・ペルージャ
草津Vn教授でもある、パオロ・フランチェスキーニ氏率いる
イタリア管弦楽アンサンブル団体。
毎年草津音楽祭に招聘されている。
何故か全員、バナナを大変好み、
草津入りしてすぐホール袖口に来て、
挨拶より先に開口一番「My Banana?」と聞いてきたりする


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)