2020年03月31日

こくせきふめいのわるつ(字余り)

花のワルツ〜くるみ割り人形より
【YouTube 100本ノックNo.17

花のワルツ サムネイル写真 100-17.jpg

ねむれるもりのびじょ

はくちょうのみずうみ

くるみわりにんぎょう


チャイコフスキー作曲の3大バレエの

日本語タイトルって全部同じ10文字なんですって。

ご存知でした?

(かなりお気に入りのトリビアネタ。笑)


恐らくこの中で最も有名な曲2大巨頭が、

「白鳥の湖」の白鳥のテーマと

「くるみ割り人形」の花のワルツ、

じゃないでしょうか。


CMなんかでもよく使われてますし、

タイトルを聞いてもピンとこない方も

多分絶対聴いたことはある、ハズ、な曲です。


前回トレパークで少しご紹介しましたが、

くるみ割り人形から変身した王子様に

連れられておとぎの国を訪れた

主人公クララちゃん。


を歓迎しておとぎの国の妖精達が披露するのは

「様々な国の踊り」なんです。

スペインとかロシアとか

イタリアとか中国とか・・・


しかしこの「花のワルツ」だけ

国籍不明(?)なんですよね。


だからでしょうか。

もちろん演出家によって違うと思いますが、

この花のワルツの最後の方で、

花の精(花のワルツ専用(?)の踊り手)に加えて、

今まで様々な国の踊りを踊った踊り手達が

全員登場して、フィナーレを迎えたりする

パターンが多いようです。


組曲の最後を飾るにふさわしい華々しいワルツです。


カメラが遠いので非常に小さい映像ですが、

170cmを越す大女が2人、

弾いております(笑)ので、お聴きください。






posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

逆輸入の愛情

愛は花、君はその種子〜The Rose
【YouTube 100本ノックNo.16


ローズ サムネイル写真 100-16.jpg

The X Factor UK という番組、

皆さんご存知ですか?

ワンダイレクション、なんかを排出した

イギリスの音楽オーディション番組です。


私、何を隠そう、これ系の

オーディション番組がけっこう好きでして。

Britain’s got talent とか

America’s got talent とか

他の地域のとかも、

YouTubeでよく見ております。


これが結構面白いんですよ!


その関連動画の一つで、

このThe Roseを歌っていた人がいたんですよね。

歌ってる方が良い声で

お上手だったせいもあるんですが、

良い歌だな〜何の歌だろう?

と調べてみましたら…


なんと日本語版があるんじゃん!

しかもジブリ映画

「おもひでぽろぽろ」で歌われてたヤツだ!


という事をつい最近ようやく知ったのでありました。

なんか逆輸入された気分(笑)


だってさ。ローズですよ。

どう考えたって、バラ、じゃないですか。


「愛は花、君はその種子」というタイトルとは

結びつきませんでしたわ…


そんな訳で(?)愛を込めて、The Roseです。


歌詞〜〜〜

やさしさを 押し流す

 愛 それは川 

魂を 切り裂く 

愛 それはナイフ 

とめどない 渇きが 

愛だと いうけれど 

愛は花 生命の花 

きみは その種子  

挫けるのを 恐れて 

躍らない きみのこころ 

醒めるのを 恐れて 

チャンス逃す きみの夢 

奪われるのが 嫌さに 

与えない こころ 

死ぬのを 恐れて 

生きることが 出来ない  

長い夜 ただひとり 

遠い道 ただひとり 

愛なんて 来やしない

そう おもうときには 

思いだしてごらん 冬 

雪に 埋もれていても 

種子は春 おひさまの 

愛で 花ひらく 







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

走るー走るー…誰が?

クシコスポスト【YouTube 100本ノックNo.15

クシコスポスト サムネイル写真 100-15.jpg

運動会の定番、というか、

もはや「クシコスポスト」という名前より

「運動会の曲」という認識の方が

定番なんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?


小学校時代の刷り込みか、この曲を聴くと

どうも走りたくなるんですよね。

出来れば鉢巻きして(笑)


もともとは、今やクシコスポストの作曲家としてのみ

名を残しているドイツ人

ヘルマン・ネッケが書いた曲です。


原題はチコーシュ・ポスト(Csikos Post)


チコーシュがハンガリー語で馬に乗る人、

ポストがドイツ語で郵便、

つまり「郵便馬車」というタイトルで、

要するに郵便屋さんが走ってる光景の

情景描写だったんですね。


どおりで走りたくなるわけだ(違います)


現代の私達は郵便屋さんが走ってる印象

あんまりないですけど(車だし。笑)、

江戸時代の飛脚ならすごいスピードで、

たったか走ってるイメージありますもんね。


……ね?


そんな訳で、皆さんも

足をジタバタしたくなるかもしれませんが、

クシコスポスト連弾版、お聴きください。






posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

酔っ払いの視界は左回りです

ワルツ〜ガヴリ―リン
【YouTube 100本ノックNo.14


ガブワルツ サムネイル写真 100-14.jpg

かつてソ連の最高指導者ゴルバチョフ氏は

生産性と国民の健康を蝕んでいるとして

「反アルコールキャンペーン」を展開した、とか、

新生ロシアの初代大統領のエリツィン氏が

無類の酒好きで酩酊の末の奇行を繰り返した、とか、

なんとなく

「ロシア人=ウォッカ=大酒飲み」

というイメージ、

持っているのは私だけでしょうか…?


ロシアの方の名誉のために訂正しますが、

実際は、確かに強いお酒を飲むし、

その量は半端ないけれど、

普段はそれほど飲まず、

お祝い事等のハレの日のみ、だそうで、

最近ではむしろ健康志向が強いんだそう。


と、訂正した舌の根も乾かぬうちに恐縮ですが、

こちら、ガヴリーリンのワルツ。


何回弾いてみても、

ベロンベロンに酔っ払って気も声も大きくなり、

ラ行の発音が上手くできなくて

視界も斜めになっちゃってる時

(なんだ、その実感のこもった感覚は)

の気分を思い出すんですよ。

なんでだろう?


ガヴリーリンさんはサンクトペテルブルクの

音楽学校で教鞭をとっていらした、

至極マトモな教育者でいらしたそうですから、

まさか酔っ払いを描写したわけは

ないと思うんですけど。。


皆さんは、どう思われます?







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

サイズに異議あり

スペインワルツ【YouTube 100本ノックNo.13

スペインワルツ サムネイル写真 100-13.jpg

私達姉妹は、2人とも

スイスに留学してたんですけどね、

スイスで初めて持ったNokiaの携帯電話の

着信音がこの曲だったんです。

結構賑やかに鳴るので

呼び出し音に相応しかったんですよね。


ところが、その携帯が

やたらにチッコイんですよ。

ほぼ、いなり寿司サイズ(笑)


いったん鞄の中で行方不明になると

これが中々見つからない。。


焦ってゴソゴソ鞄を漁ってる間、

この着信音が延々と鳴っていた訳で、

我らにはとてつもなく親しみ深い曲なのです(笑)


原曲はシャブリエ作曲のスペイン狂詩曲。


この曲のせいで、私、シャブリエさんって

スペイン人だとばっかり思ってましたが、

れっきとしたフランス人なんですね。

スペイン旅行時の鮮烈な楽しい思い出を

曲にしたんだそうです。


スペインらしい、

生き生きとしたエネルギーを切り取って

スペイン人かと勘違いさせるなんて

(違います)

実に素晴らしい作品です。


本来の難しいバージョンもありますが、

今回は件の着信音部分のみの

簡易バージョンでお楽しみ下さい。







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

素晴らしき哉、フライング

いつも何度でも〜千と千尋の神隠し
【YouTube 100本ノックNo.12

いつも何度でも サムネイル写真 100-12.jpg

スタジオジブリのアニメ映画

「千と千尋の神隠し」の主題歌を歌われたのは、

木村弓さん。


そこまでは私も知っていたのですが、

今回この曲について諸々調べてみましたので、

紹介させていただきます。


アメリカへの音楽留学中、体調不良時に

ライアー(竪琴の一種)という楽器に

出会われた木村さん。


映画「風の谷のナウシカ」を観たときに

「この人(宮崎駿監督)の映画に

私の声が合うかもしれない」と直感。

数年後、再び映画「もののけ姫」を観て

映画館で感涙までした思いを、

ご自身の歌を吹きこんだCDを添えて

お手紙として宮崎監督に送られたんだそうです。


CDを聞いた宮崎監督から連絡があり、

企画途中の「煙突描きのリン」という作品の

話をお聞きになったそうです。


イメージが膨らんだ木村さんは、

まだ依頼されていないのに曲を作って

宮崎監督に送りました。


それがこの「いつも何度でも」だったんですね。

なんて素晴らしいフライング!


結局「煙突描きのリン」は映画として

実現しなかったのですが、後日、

宮崎監督から「いつも何度でも」を

次の映画に使いたい旨、連絡が来たのだそうです。


しみじみと、ご縁がある時って

どこまでも繋がるものですね。


我々も、今日このページを開いてくださっている

皆さまとのご縁に感謝しつつ…


歌詞〜〜〜

“呼んでいる 胸のどこか奥で

いつも心踊る 夢を見たい

かなしみは 数えきれないけれど

その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたび ひとは

ただ青い空の 青さを知る

果てしなく 道は続いて見えるけれど

この両手は 光を抱ける

さよならのときの 静かな胸

ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議

花も風も街も みんなおなじ

呼んでいる 胸のどこか奥で

いつも何度でも 夢を描こう

かなしみの数を 言い尽くすより

同じくちびるで そっとうたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも

忘れたくない ささやきを聞く

こなごなに砕かれた 鏡の上にも

新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓

ゼロになるからだ 充たされてゆけ

海の彼方には もう探さない

輝くものは いつもここに

わたしのなかに 見つけられたから”







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

踊れればなんでも良いのさ

ワルツ〜ブラームス
【YouTube 100本ノックNo.11

ブラームスワルツ サムネイル写真 100-11.jpg</a>

ワルツって確かに踊りの曲だけど、

その範疇はとても広くって、

足が縺れるほど早くても、

眠りたくなるぐらいゆったりでも、

とにかく3拍子であればワルツ

と呼ぶらしいのです。


ピアノ弾きの手前、

ワルツ、メヌエット、マズルカ、

ポロネーズ、レントラー、それ以外(笑)等々、

3拍子の曲は沢山弾きましたが、

ワタクシ、正直、どうもその区分けが

よく分かっておりません・・・。。


さて、こちらのゆったりワルツは、

ブラームスが作曲した全16曲からなる

「4手のためのワルツ集 作品39」

の中の第15番目の曲。


ちなみにこのワルツ集は、

ブラームス自身の編曲によるピアノソロ版もあり、

そちらは調性が違います(変イ長調)が、

こちらの連弾版(イ長調)がオリジナルです。


ゆったり具合と親しみやすいメロディで、

その曲集の中で最も有名なワルツです。








posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

ダンス オブ ダンス

スラヴ舞曲集U第1番
【YouTube 100本ノックNo.10

ドヴォ1 サムネイル写真 100-10.jpg

Not always dance music !

We need also something serious !!

(いっっっつもダンスの曲ばっかり弾かないの!

真剣な曲も弾きなさい!!)


我々がスイス・ジュネーブ音楽院で勉強していた時、

先生がしょっちゅうこう言ってました。笑


いえね、舞曲だって真剣で真面目な作品なんですよ!


特にこのスラブ舞曲集は、

弾いたことないピアノデュオは

「もぐり」だと言っていいほど

ピアノ連弾曲の極めて重要なレパートリーの一つです。


もちろん舞曲ではない深刻(?)なピアノ連弾曲

ってのも沢山ありますし、

我々だってもちろんその手のレパートリーは

持ってます。

が。


どうも我々、よってたかると

(って、たったの2人だけど)

なんだか楽しくてノリの良い曲を

弾きたくなっちゃうんですよね。


ピアノって基本、

独りぼっちで弾くじゃないですか。

だから2人以上で弾くとつい、

テンションが上がっちゃうんだと思うんです

(…本当か?汗)


楽しそうな曲=ダンス曲、

というパターンが多いものだから、つい、

舞曲ばっかりレッスンに持って行って、

先生にお小言を喰らうっていう・・・


そして、はーい、と調子良く返事をする割に

人の言う事を聞いてない2人

で最初に戻る。

無限のループ。笑


だって、せっかく練習して

せっかくお客様に聴いていただくなら、

楽しいに越した事ないでしょう?


という訳で、

極めて真剣、且つ極めて重要、

且つ極めて楽しいスラブ「舞曲」第1番、

お聴きくださいませ♪







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

虫の人?鳥の人?

鳥の人〜ナウシカより
【YouTube 100本ノックNo.9


鳥の人 サムネイル写真 100-9.jpg

我が家には、VHSビデオの録画しか無いので

もう見られず、記憶が遥か彼方ですが、

ナウシカ、昔好きでよく見てました。


でもナウシカも嫌いじゃないけど、

私はクシャナさんが好きだったんだよな…。


ま、そんなわけで(?)虫観察に勤しむナウシカが

風を切って自在に大空を飛び回る場面にふさわしい

雄大な雰囲気の曲。


久石譲さんの曲って素朴で単純で、

音数も少ないのに、

大空の雄大さを実に見事に表現しているんですよね。


我々も、2人して170cmを越える大女っぷりを

遠慮なく発揮して(?)雄大に演奏致します。







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

夏が過ぎ、秋が来る、冬が巡って、春になる

少年時代〜井上陽水
【YouTube 100本ノックNo.8


少年時代 サムネイル写真 100-8.jpg


夏になるとなんとなく口ずさみたくなる曲筆頭は、

TUBEか、

この井上陽水さんの大ヒットソング少年時代か・・・

みたいな気がしておりましたが、

この曲、改めて歌詞を見てみると

夏近辺で結構季節が揺れていて、

夏に限ってなさそうなんですね。


歌い出し→夏を過ぎた秋のはじめ

アザミ→春の季語

2番→盛夏

最後→夏を過ぎた頃

(「風あざみ」という品種は存在しない。

井上さんによる造語)


ね?


私もこの解説を書くために

Wikipediaを読んで初めて気がつきました。


この曲は、映画「少年時代」の主題歌として、

漫画家、藤子不二雄Aさんからの依頼で

書かれたんだとか。


藤子Aさんが提供した歌詞は、結局、

1行も使われなかったそうですが

(残念でした。笑)


発表から30年経った今でも色褪せない名曲を

生み出すきっかけを作って下さったことを

藤子さんに感謝しつつ、

ピアノ連弾版で演奏させていただきました。


歌詞〜〜〜

夏が過ぎ 風あざみ

誰のあこがれに さまよう

青空に残された 私の心は夏模様

夢が覚め 夜の中

永い冬が 窓を閉じて

呼びかけたままで

夢はつまり 想い出のあとさき

夏まつり 宵かがり

胸のたかなりに あわせて

八月は夢花火 私の心は夏模様

目が覚めて 夢のあと

長い影が 夜にのびて

星屑の空へ

夢はつまり 想い出のあとさき

夏が過ぎ 風あざみ

誰のあこがれに さまよう

八月は夢花火 私の心は夏模様







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

腹筋、共喰いの危機

タランテラ〜ガヴリ―リン
【YouTube 100本ノックNo.7

ガブタランテラ サムネイル写真 100-7.jpg

「タランテラ」と名の付く曲はテンポが速い。

その理由をご存知ですか?


発祥はイタリアらしいんですけどね。


その昔、イタリアの港町タラントには

毒蜘蛛のタランチュラがおりまして、

それに噛まれるとタランティズムという

一種のヒステリー状態になってしまう

という伝説があったんです。


タランティズムになると何故か死なない。

その代わり、その毒を抜くために

踊り続けなければならない、

と言われていたんだそう。


・・・実際11世紀ごろ南イタリアで

タランティズムの症状に見舞われた人が

多数出たらしい・・・


その踊りから発展したのがこのタランテラ、

という曲なので、タランテラは

必ず速く弾くものなのよ。


と、ワタクシ、タランテラを

ゆっくり練習してきちゃった子供のピアノの生徒に、

説明したことがあるんです。

そしたらその子はその説明に

やたらと感銘を受けたらしくて、

翌週一生懸命練習してレッスンに現れました。


他にも何曲持ってきていたので、


どの曲からレッスンを始めるかは

好きに選んでいいよ、


と申しましたら、その子が元気よく、

喜び勇んで言うには


「じゃ、私、アレからやる!ピラニア!!」


・・・ピラニア・・・?!


そんな曲あったっけ?

と楽譜を開いてみたら案の定、

「タランテラ」とでっかく

書いてあるではないですか。


その時点で吹き出す寸前になっていた私。


どこからピラニアが出てきたのよ?


「え〜〜だって、あの、

凶暴なヤツ、って思ったんだもん!」


・・・・・そっちか・・・・・


3分ぐらい笑っちゃって

レッスン時間減っちゃったよ。

ごめんね、少女。。笑


それにしてもタランチュラって

南米原産だと思ってたけど、違うんだ。。







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

すき焼き?たこ焼き?いや、上向き

上を向いて歩こう〜SUKIYAKI
【YouTube 100本ノックNo.6

上を向いて サムネイル写真 100-6.jpg

この歌を歌った九ちゃん

(と親が呼んでいたので私も「ちゃん」呼び)

こと、坂本九さんは、日航ジャンボ機墜落事故で

亡くなったんですよね。

ショックだったなぁ〜

(あ、また歳がバレるネタを…)


上を向いて歩こう、は、アメリカ、ヨーロッパなど

世界的にはSUKIYAKI という名で大ヒットした

という事は結構知られてますよね。


でも何で、すき焼き、だったのかがよく分からない。


歌詞も食べ物と全然関係無いし、

九ちゃんの顔だって、

すき焼きよりはどっちか言ったら、

たこ焼きっぽい気がするし…(コラっ)


今回はスタジオジブリの映画

「コクリコ坂から」の劇中歌として

使われていたものを演奏致します。


皆さんも是非懐かしく口ずさんで下さいね。

すき焼き、良いな。今度食べようかな。


歌詞〜〜〜

“上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

思い出す 春の日

一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう

にじんだ星をかぞえて

思い出す 夏の日

一人ぽっちの夜

幸せは雲の上に

幸せは空の上に

上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

泣きながら歩く

一人ぽっちの夜

思い出す 秋の日

一人ぽっちの夜

悲しみは星のかげに

悲しみは月のかげに

上を向いて歩こう

涙がこぼれないように

泣きながら歩く

一人ぽっちの夜”









posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

プレゼントにご用心

行進曲〜くるみ割り人形より
【YouTube 100本ノックNo.5


私は子供の頃、サンタクロースを

本気で信じておりまして、

12月24日の夜には夜空に青い光

(サンタクロースのソリが光っていると思っていた)

が見えた気になったものです。


小学校も高学年になると

「サンタさんの正体は親御さんだ」

と言い出す子もクラスにはいましたが、

サンタさんは良い子のところにしか来ない

と信じ切っていた私は

「サンタさんが来ないなんて、

きっとあの子は悪い子なんだ…」

と思っていたほど(笑)

純粋に信じていたんですよ。


忘れもしない小学6年生のクリスマス。

プレゼントは腕時計でした。

黒いバンドのミッキーマウス柄。


わーい、やったー!

と喜びながら箱の奥を見ると、

保証書が入っていましてね、

つい見ちゃったんです。

そしたら…


あーママの字でパパの名前が書いてある〜!


さすがにそろそろサンタの存在に

疑問を感じる程度の年齢になっていた

私の横で、ハッキリ指摘してしまう姉…


あ〜…ほんとだ…


こうしてイタイケな少女の夢は

姉によって見事に壊されたのでした(笑)


そんな現実的なエピソードは

多分絶対起こらない、おとぎの世界。

ワクワクでクリスマスプレゼントを

もらう子供達の行進が始まります。









posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

あなたが私にくれるもの

You raise me up(ユーレイズミーアップ)
【YouTube 100本ノックNo.4

ユーレイズ サムネイル写真 100-4.jpg


日本ではケルティックウーマンという

女性グループがカバーした演奏が

有名になりましたが、もともとは

アイルランド/ノルウェー出身の2人組、

シークレットガーデンというグループが、

出身国アイルランドに想いを馳せ、

アイルランドの小説家で作詞家の

ブレンダン・グレイアムに

作詞を依頼して出来た曲なんですね。


原曲はアイルランド民謡の

「ロンドンデリーの歌」。

「ダニーボーイ」の歌詞で歌われる事もありますね。


癒し系のメロディと、

心強く励ましてくれるような歌詞。

世界中でカバーされ、ヒットしたのも頷けます。


弾いててもつい、気分的に

盛り上がっちゃうんですよね。

聴いてくださってる皆さんにも

この高揚感が届くと嬉しいな♪










posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

美女は事件がお好き

美女と野獣【YouTube 100本ノックNo.3

美女と野獣 サムネイル写真 100-3 .jpg
昔NHKの番組で「ジェシカおばさんの事件簿」
という番組やってたの、
ご存知の方いらっしゃいます?
(歳がバレる・・・)

エイモス・タッパー保安官と

お医者さんの・・・なんだっけ?なんちゃら先生が、

ジェシカおばさんを巡ってちょっと張り合ってて・・・

みたいなのが面白くて、当時一生懸命見てたんですが、

そのジェシカおばさん役の

アンジェラ・ランズベリーさんが、

アニメ版美女と野獣の

『ポット夫人』の声優さんをやってらして、

このBeauty and the beastの歌を

歌っていたんですよね。


アニメ映画自体も大好きでした。

最近エマ・ワトソン主演の実写版も出ましたよね。

マンガみたいにホッソリしてて

若くてウツクシクて実に羨まし・・・

って、いやいや。


お陰で今の子供達にも未だに

絶大な人気を誇る名曲のようですが。


今回の編曲は、実写版で

セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンが

歌っていたバージョンのアレンジです。

お楽しみ下さい。









posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

挨拶はオシャレにしないと

愛の挨拶【YouTube 100本ノック No.2

愛のあいさつ サムネイル写真 100-2.jpg

この曲はエルガーが8歳上の姉さん女房アリスと

結婚する時に送った曲ですが、

当初はドイツ語が得意なアリスのために、

ドイツ語で

“Liebesgruss(リーベスグルス)”

(意味は愛の挨拶で同じ)

とタイトルをつけていたのに、

出版社がフランス語に変更するよう

横槍を入れたのだとか。。


そういやアパレル関係の方に

聞いたことがあるんですよ。


お店の名前とか商品名とかは、

フランス語とかイタリア語とか、

ラテン系のオシャレなイメージ(?)

の言語にすると売れるけど、

ドイツ語とかロシア語みたいな

イカツイ響きにするとさっぱり売れない・・・と


そう言われると、うん、確かになぁ。。

なんて妙に納得してしまいましたが、

19世紀のイギリス出版社もおんなじ事を考えた・・・

のかどうか、本当のところは分かりませんけどね(笑)


タイトルと作曲の経緯からして

日本では結婚式の定番曲ですね。

チェロやらヴァイオリンやら、

色んなアレンジがありますが、

こちらではピアノ連弾版で

どうぞお楽しみくださいませ。









posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

愛を語るには酒が要り、恋を語るには椿が要る(多分)

乾杯の歌〜オペラ「椿姫」より
【Youtube 100本ノックNo.1


乾杯の歌 サムネイル写真 100-1.jpg

昨日お知らせしました、Youtube100本ノック企画


姉とのピアノ連弾で、100日100晩

毎晩19:00にピアノ連弾動画を
連続して投稿する企画、本日無事に開始いたしました❗


記念すべき第1曲目は、やはり「恋するオペラ」の作者としては
オペラ曲から始めたいっ💓


という訳で、本日はヴェルディのオペラ『椿姫』より

【乾杯の歌】でございます


レースや羽やで飾られた扇子にキラキラ光るアクセサリー、

ブワっと広がる色とりどりのドレス・・・


片眼鏡に絹のチーフ、鮮やかなブートニアに
パリッとしたタキシード・・・


粧し込んだ紳士淑女の皆様がシャンパン片手に、にこやかに、
わっさわっさと、舞台に犇めく、
ザ・オペラな場面をご想像下さいませ。


ヴェルディ作曲のオペラ「椿姫」の第1幕第1場冒頭場面。

主人公は高級娼婦という、現代ではちょっと
想像しづらいお仕事のお方。

恐らく、その昔、お江戸、吉原で別格の格式を誇った
花魁のような立場の方、だと思われます。(もっと分かりにくい?)


前説が長くなりましたが、この主人公の
高級娼婦ヴィオレッタと運命の恋に落ちる青年アルフレードが、
初めて出会ったパーティで愛と人生の楽しみについて歌い合う(語り合う)
場面で歌い上げられるのがこの「乾杯の歌」です。


ピアニストだけどピアノよりオペラ好き(?)なデュオA&Kが、
ピアノ連弾版で歌(ってるつもり)います。



にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

春ですね🌸気分一新、トンデモ企画のお知らせ〜♪

皆さま。


大変たいへんタイヘン、ご無沙汰をしております。


もう2年半ほど、ブログ更新から遠ざかっておりまして、

そもそもブログ記事サイトへの入り方さえ忘れておりました、

恋するオペラでございます。


コロナウィルスの拡大で、世界的にも音楽業界は、

甚大な被害を被っております。

先日もトーマス・ハンプソン氏が、イスラエルに入国できず

引き返す羽目になった、なんてお話も聞きますし、

どこもかしこも大変なことになっています。


が。


例え収入がやせ細ろうとも、お客様が見えなかろうとも、

めげない、へこたれない、というのは何もイタリア人に限りません✊(あれ?😅)

我々音楽家としては、こういう時だからこそ、

音楽の力を信じたい❣


というわけで、ワタクシ本業のピアノの方で、つい、

トンデモ企画を開始してしまいました❣


Duo A&Kピアノ連弾動画 100本ノック


ワタクシは姉もピアノ弾きでして、二人して

Duo A&K というピアノデュオを組んでいるのですが、

明日3月15日(日)より、100日100晩

毎晩19:00にピアノ連弾動画を連続して投稿いたします!!


ピアノ連弾曲ってソロに比べたら格段に少ないので、

そもそも100曲考えるのが大変。


それを2人で練習し

(女姉妹なんてものの遠慮無い喧嘩付の合わせを御想像ください💦)


2人で編集し

(それも純然たる機械音痴が、です。状況、分かっていただけます?💦)


雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、花粉症ニモ二日酔ニモ慌テズ、

その昔でも世界一周出来た90日よりも長い100日もの長い期間、

動画をアップし続ける、


なんぞという無謀なことを、本当に出来るのか・・・?

(それは誰にも分らない・・・😅)


こちらのチャンネルURL



もしくはYouTube Duo A&K】で検索していただければ出てきますので、

是非是非応援をしてくださいっ♪


どうぞ応援、よろしくお願いいたします!!




posted by Duo A&K at 23:42| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする