2021年04月03日

みいちゃん、もう、来たよ。

【サタデーナイトデュオ No.36】

サタデーナイトデュオ No.36.jpg

本日は松任谷由実さんの「春よ、来い」を
お聴き頂きます。

1994年のNHK朝の連続テレビ小説「春よ、来い」の
主題歌として作られた曲です。

もっともタイトルを初めて聞いたとき、
頭の中で、間違いなく、圧倒的に

は〜るよこい、は〜やくこい、
あ〜るき始めたみいちゃんが〜
あ〜かい鼻緒のジョジョはいて〜
おんもへ出たいと待っている〜

を歌っちゃった人の方が
多かったんじゃないでしょうか。笑

朝ドラの内容は、確か、
脚本家、橋田寿賀子さんの自伝的なお話
だったように記憶しています。
前半、安田成美さんと後半、中田喜子さんという
2人の女優さんが主演なさったんですよね。

当時安田成美さんの突如の降板劇が話題になって
ワイドショーなんかでも盛り上がっていました。
なつかしいなぁ。(何が?)

優しいユーミンさんの歌声や
穏やかだけど少し物悲しいメロディーの印象が
強かったんですが、
歌詞もとても美しい文語体の歌詞なんですね。

と思ったら、中学生の国語の教科書にも
掲載されているそうですね。
うん、載せたい気持ちは分かるなあ。

そして安直にタイトルだけ見て、
春よ来い、なんて季節的にピッタリじゃ〜ん、
と思って4月に演奏しちゃいましたが、
よく読んでみたらこれ、実は、「遠き春」を
しのんだ歌だったんですね。

「まだ見ぬ春」とか「沈丁花」とか、
ちゃんと歌詞を読みなさいよ、私たち。。。
(ごめんなさい)

♪淡き光立つ 俄雨
いとし面影の沈丁花
溢るる涙の蕾から
ひとつ ひとつ香り始める
それは それは 空を越えて
やがて やがて 迎えに来る
春よ 遠き春よ 
瞼閉じればそこに
愛をくれし君の 
なつかしき声がする♪

春、もう完全に来ちゃったねぇ、みいちゃん(汗)






posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする