2010年03月07日

今、ひとたびの逢うこともがな

ラベック姉妹のコンサート、
最終曲、そして最高の盛り上がりを見せた
ラヴェルのボレロについて、
私ごときがシノゴノと言う必要はなさそうです。。

こんな映像TVを発見いたしました。↓



残念ながら、この映像、曲の途中から始まってるみたいで、
一番最初のモノスゴイ、超、超、超ppが入ってませんね。
ちぇ。爆弾
でも人様が作ってくださった映像を勝手に利用してるくせに
ケチをつけてはいけませんパンチね。わーい(嬉しい顔)

お姉さま、ほとんどクラシックピアニストに見えません。。たらーっ(汗)
が、迫力は御覧のとおりでしたexclamation

というより、
生で演奏なさってる時の方が、
表情なんかも、もんのすごく楽しそうで生き生きしてたし、ぴかぴか(新しい)
もっともっとノリも良かったですし、ひらめき
打楽器のおっちゃんたちのノリと迫力も格段に良かったです。手(グー)

どうもこの映像は宣伝用か何かみたいですね。
そりゃあライブの方が、弾いている方だって盛り上がるに違いありませんexclamation

この日、お客さんの数は少なく、
満席には程遠い状態(信じられないっっexclamationむかっ(怒り)爆弾パンチ)でしたが、
聴きに来ていたお客さんは全員、終わった瞬間に
弾けるように座席から立ち上って、
スタンディングオベーションexclamation×2
大騒ぎぴかぴか(新しい)でした。

通路の最前列近くまで行って、拍手しているお客様までいらっしゃいました。。
このJazzyな(?)盛り上がり・・・たらーっ(汗)
クラシック演奏会では相当珍しいですよね。わーい(嬉しい顔)

聴き終わって、こんなにスッキリさわやか手(チョキ)な気分になったのは
いつからぞ、ない、です。
いい演奏会ぴかぴか(新しい)、行ってホントに良かったですexclamation×2ひらめき手(チョキ)

そして演奏会終了後。

お客さんたちが帰って行くのを尻目に、関係者のみがうろついている
楽屋口にちゃっかり侵入したワタクシは、
憧れのラベック姉妹にサインをもらってきましたexclamation×2

(先日ヨーナス・カウフマンにサインをもらって味をしめたから・・・
 ではなくて、ですね、
 ラベック姉妹には、カウフマンの存在を知る、もっと、
 ず〜〜〜〜っと前から憧れてたぴかぴか(新しい)から、ですっ)

スキャン0003.jpg

(とがった文字がお姉さん、丸っこい文字が妹さん)

間近で見るお姉さま。

ジャズなんかも弾きこなしちゃうし、ちょっと退廃的なイメージがあって、
てっきりマレーネ・ディートリッヒのようなハスキーボイスかと思いきや、
なんとかわいらしいソプラノだったことかexclamation
それになんと華奢なことかexclamation

若いころは妹さんの方が美人じゃ〜ん黒ハート、と思っていましたが、
間近で拝見すると、昔に比べてお化粧が大分と濃くなられて、たらーっ(汗)
女優の岸本加代子さんが番町皿屋敷モバQに出ようとしている・・・
といった感じで、ちっと怖い・・・。爆弾たらーっ(汗)

でもやっぱり、お二人とも、
なんとも言えない、吸い込まれるような魅力揺れるハートをお持ちです。
こんな女性になれたら、ステキだな〜。。
やっぱり、ぴかぴか(新しい)憧れぴかぴか(新しい)、です・・・黒ハート
またチャンスがあったら、聴きに行きますexclamation


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by Duo A&K at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いま、日本では公共放送交響楽団のN響アワーが放映中です。
セミョン・ビシュコフがN響にやってきました。
そう、たらこ下クチビルの濃ゆ〜い指揮者です。
この人、ラベック姉妹のどちらかの旦那なんですね。
パリのオペラ座が一昨年来日してトリスタンを上演したときの指揮者が「たらこクチビル」さんでした。
チューリヒでも登場するんでしょうか?

ラベック姉妹は、懐かしいですが、しっかり活躍中のようですね。
楽しく読ませていただきました(笑)
 おっ、いまビシュコフの顔が大写しになってます(笑)
Posted by yokochan at 2010年03月07日 21:21
yokochan様、
コメントありがとうございます。

ビシュコフ・・・ビシュコフ・・・たらこクチビル・・・
と一生懸命考えたんですけど、顔が思い浮かびません。。
シンフォニー、あんまり詳しくないもので。。ごめんなさい。

ロシア人でしたっけ?
そうか、今、N響に来てるんですね〜。
チューリッヒでは振ってないと思います。
少なくとも私は名前を見たことがありませんねえ。

ラベック姉妹の妹さんの旦那様ですよね。
お姉さんは昔ギタリストか何かと結婚したけど、
失敗に終わられたような・・・。

ところで、一昨年のパリオペラ座のトリスタンというと、
裸の男女の写真がババ〜〜ンと背後に貼ってあって・・・という
あの超現代演出のですか?
写真だけ見たことがありますが。

去年のミュンヘンのローエングリンも、
なぜ、Tシャツにトレパン?・・・と思いましたが、
どうして、そういう演出になっちゃうんでしょうねえ・・・(-_-;)
最近奇をてらった演出ばっかりが多すぎて、
「奇」を「奇」と感じなくなりつつあります。
逆に古典的な演出の方が物珍しいような・・・笑
Posted by 恋するオペラ at 2010年03月08日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯浡砭瑥獴⵵汴牡
Excerpt: _彉y彀
Weblog: 桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯浡砭瑥獴⵵汴牡
Tracked: 2016-12-04 21:55