2010年03月13日

ボンドガールが熟女になると・・・

観てまいりました手(チョキ)
ワタクシ、ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)リヒャルト・シュトラウスのオペラ。

ナクソス島のアリアドネ」ですexclamation

でもね〜・・・。

残念ながら、イマイチ、こう、
わ〜い、わ〜いexclamation×2という気分に(どんな気分だよったらーっ(汗)exclamation&question
なれなかったんですけど。猫

期待したほど良いと思わなかったのは、果たして、
私の聴き方が悪かったのか、演奏者が悪かったのか・・・。

さて。
主演のプリマドンナ&アリアドネ役を歌ったのは、
Deborah Voigt
アメリカのスター・ソプラノひらめき、だとか。

ソプラノには違いないんですけど、ちょっとかすれた様な
そのハスキーボイスに存在感があり過ぎるし、
見た目的にも、押し出しの強い、
かつてのボンドガールのなれの果てモバQ、といった感じ。

エーゲ海に浮かぶナクソス島で、妖精に囲まれて失恋を嘆き、
最後にバッカスと恋に落ちる・・・


透明感あふれるイメージ?のアリアドネなんかよりも、
プッチーニの「西武の娘」に出てくるミニーのように
カウボーイハットが似合って、
ヘ〜イ、ヘ〜イ手(チョキ)とばかりじゃじゃ馬にも乗りこなせそうな
アメェリィカ〜ン手(グー)な女性の方が
似合ってるような気がしてしまいました。猫

大体ですね。

なんだよっ、そのドイツ語はっexclamation×2むかっ(怒り)爆弾パンチちっ(怒った顔)
そんなとこで巻き舌になってどうするっexclamation&question

ひどいアメリカ訛り(英語訛りですらないたらーっ(汗))。
そのくせ思わずカタカナ表記したくなる
平べった〜い発音・・・。たらーっ(汗)たらーっ(汗)
何を言ってるんだか、さっぱりわからん・・・。パンチ
発音が悪い、とか、訛っている・・・という域を超えている。パンチ

いや、あれはドイツ語じゃありませんってば。猫

声楽を勉強していて、ドイツリート(歌曲)を
勉強したことがない歌手というのは存在しないだろうし、
勉強する以上普通、習うだろう(副科の私でさえ、少しは教わったぞ)
という「ドイツ語の歌い方」というものを
失礼ながら、おそらく全く御存じないんじゃないか失恋
とお見受けいたしました。パンチ
声が悪いとか、芝居が下手とかじゃないんですよ。
それ以前の問題。バッド(下向き矢印)爆弾

なんでわざわざ、この人を、ドイツ語オペラに呼んだんだろう???ふらふら

で、この方、発音も悪いんだけど、音楽的にも全然イケてないバッド(下向き矢印)。。
R.シュトラウスの音楽の作りってものを考えて作ってるようには
間違っても聴こえないんですよね。パンチ失恋

もっともそれは、彼女のせいだけじゃなく、
指揮者のせいでもあったと思うんですけども。

(続く)


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

posted by Duo A&K at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | R.シュトラウス・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック