2010年06月29日

真四角の官能

サロメ

好色な目で自分を見る義父のため
裸身に7枚のヴェールをまとい、一枚づつ脱いでいく、
という官能的な踊りを披露。
踊りの褒美として、銀の盆に乗った
預言者ヨハナーンの首を要求し、
手に入れた首に接吻して
恍惚となっているところを殺される。


デリラ(サムソンとデリラ)と並ぶ、エロス黒ハートの代表格。
でなければ、狂女がく〜(落胆した顔)の代表格か。

そのどっちかだと、思い込んでいました。
だって、そうじゃありません?猫

でもこれ、オスカー・ワイルドがサロメを題材に
戯曲化した時に脚色したんですね。
聖書本に登場しているときは

彼女の踊りを喜んだヘロデ王に「褒美に何を望むか」と
問われ、母親に何を望んだらいいのか、尋ねる。
母親は自分が憎むヨハナーンの首を要求するよう、
サロメをそそのかした、と。


お母ちゃんに「私、何を頼んだらいいかな〜?」
と聞きに行くなんてかわいいじゃないですか。わーい(嬉しい顔)
なんか、イメージが違う。。ダッシュ(走り出すさま)

このお母ちゃんが、なぜヨハナーンを
憎んでいる爆弾かというと
自分が元夫の異母兄弟と結婚したことを
「(当時の法律上)近親相姦である失恋たらーっ(汗)」として
激しく非難していたからパンチ、だとか。

それじゃ、悪いのはどっちかって言うと、
お母ちゃんの方パンチじゃないのか・・・。たらーっ(汗)

なぜにサロメばかりを悪女にしたのかはともかく、
オスカー・ワイルドの書いた
「サロメ」という戯曲をもとに
R.シュトラウスが曲をつけたのが
このオペラ「サロメ」なんですね。

ちなみにこれ、原語の発音は
「サロメ」じゃなくて「」。
さらにその「ザ」にアクセントが来て、
「メ」に向かってディミヌエンドバッド(下向き矢印)していく・・・
という感じです。

私が超日本人的発音でタイトルを言うと、
つい「」と後ろに向かって
クレッシェンドグッド(上向き矢印)してしまうため、
ニャロメのまた従姉妹たらーっ(汗)のように響いてしまって、
実によろしくない。。ふらふら
ドイツ人の友人には、一瞬、通じませんでした。ダッシュ(走り出すさま)

さてさて、このサロメというオペラ。
前奏もなく、休憩なしもなく、
約2時間で終わってしまうんですね。
休憩時間にプログラムとかポスターとかを
買おう手(グー)ともくろんでいるうちに
終わってしまう、という
いささか不親切な設計爆弾とも言えますね。(そう?たらーっ(汗)

主役サロメはGun-Brit Barkmin
ドイツで勉強してドイツの歌劇場で歌っているドイツ人。
生粋のお国ことばでチューリッヒデビュー手(チョキ)・・・

だったんですけどね。猫

チューリッヒ歌劇場は基本的に
色気が無い失恋」というのは
再三申し上げておりますし、
そういう意味で「きっと物足りない思いをするだろう」とは
覚悟していたのですが・・・

まさか、これほどとは・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

声にまるで表情が無くて、がなりたてているだけ演劇
なんですよね〜。失恋

ヨハナーンの姿を初めて見て、欲情している黒ハート時も、
ヨハナーンの首を義父に断固として要求している手(グー)時も、
ヨハナーンの首を手に入れて狂喜乱舞しているモノローグキスマークも、

み〜んな、おんなじ、

ぎゃあぎゃあぎゃあ・・・。

めんどりじゃないんだけどなあ。。たらーっ(汗)たらーっ(汗)もうやだ〜(悲しい顔)

それにこの体型なのに、
なぜ常に、二の腕を丸出しにする
衣装を着せたんだろう?失恋

もうちょっと、袖で隠すとか、
肩にショールを纏うとかしたら
もう少し女性らしく見えた・・かもしれないのに。。失恋

女だてらに女の官能を期待していたんですけど
これは、ちょっと・・・う〜む・・・。。失恋もうやだ〜(悲しい顔)

(続く)

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by Duo A&K at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | R.シュトラウス・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恋するオペラさん
こんにちは!&おはようございます。

「サロメ」のザロミ(と聞こえます)役は
ぎゃあぎゃあぎゃあ・・・ですか、
これは小生も  う〜む・・・。。
続編に期待です。(笑)

日本時間午後11時からはパラグアイ戦ですが
こちらのポチ応援完了です。♪
Posted by のり2 at 2010年06月29日 13:17
のり2さん、こんにちは。

今頃サッカー観戦でブログどころではない
と思いますが・・・。笑

・・・と思ったら。
負けちゃったみたいですね〜。
今速報を見ました。残念!

めんどり嬢の続き、がんばって書きますね〜。
Posted by 恋するオペラ at 2010年06月30日 02:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック