2010年07月16日

柿食わねども、鐘は鳴る鳴る・・・

星空のもとで、何を観てきたかと申しますと・・・

4年に一度のサッカーのワールドカップサッカーのせいか
(スイスは早々に敗退したはずですが)
3年に一度開催されるチューリッヒ・フェスト手(チョキ)のせいか
(単なる「移動遊園地」&「出店の集団」にしか見えないけど犬
はたまた、ここ数年の冷夏とはうって変わった夏空晴れゆえか

最近チューリッヒのオペラハウスは
集客にかなり苦戦パンチバッド(下向き矢印)していたようです。

先日も

ルネ・フレミング出演の『バラの騎士』、
 当日券がまだ買えますよ〜


という連絡が来たので調べてみたら

ホントニあるある・・・がく〜(落胆した顔)

当日券が『買えます』どころか、
バナナか何かのように、
叩き売ったほうがいいんじゃないですか???
と思うぐらいいっぱい余ってました。

普通チューリッヒ音楽祭の期間の公演チケットは
飛ぶように売れる、はずなんですけどね。

この調子では、恐らく夜のオペラ上映会も
ひとがぎっしり、とは行かない・・・爆弾たらーっ(汗)
と踏んだのでしょうか。

ワールドカップ決勝戦の夜、つまり7月11日は、
プッチーニの「トスカ」でした。

我がぴかぴか(新しい)ヨーナス・カウフマンぴかぴか(新しい)は、またしても
客寄せパンダに使われた模様です。

なぜならば、です。
私の記憶によれば2日前、つまり7月9日の演目は
何か違うオペラだったはずなのに
結局上映されたのは、ヨーナス・カウフマンの
「王様の子供たち」(フンパーデインク)でした。

ヨーナスの名前を出せば、彼のアップTV見たさ目
女性客が集まる黒ハートと踏んだに違いない、
と思うのは私の偏見でしょうか。(ま、偏見なんですが猫

このトスカは、先日、
日本のNHKでも放映TVがありました、
あれ、でございます。

2010年4月「皆様の受信料は日本の皆様のために
 2009年4月「トスカ〜感動編〜&〜爆笑編〜」)

今回の上映会は、スクリーン自体が
教会の横壁に垂れ下がっていました。
ということは、上映中も遠慮なく教会の
鳴ってしまう(しかも15分おき時計ダッシュ(走り出すさま))わけで
正直、邪魔失恋にならないのかと心配したのですが・・・

第1幕のトスカとカヴァラドッシのラブラブ揺れるハートなシーン。
二人がイチャついていると、すかさず(?)、

ゴ〜ン、ゴ〜ン、ゴ〜ンexclamation×2演劇爆弾

ところが、この鐘の音。
場面設定が「教会の中」だったせいか、
歌の合間に挟まっても不思議にマッチしていて
違和感がない。。わーい(嬉しい顔)

圧巻だったのは、第2幕。
トスカとスカルピアの緊迫したやり取りがなされる辺りで
ふと、時計を見ると、時間的にいやな予感が・・・

ここで鳴ったらちょっと雰囲気が壊れるぞ・・・。ふらふら

と思いきや。
(以下、訳は適当ですが)

スカルピア「前からお前を私のものにしたかったんだ」
ゴ〜ン

トスカ「いやよ、絶対いやっ!」
ゴ〜ンexclamation

ス「恋人を助けたくないのか」
ゴ〜ンexclamation

ト「何ですって?!」
ゴ〜ンexclamation

・・・図ったとしか思えないたらーっ(汗)タイミングで
二人がワンフレーズ歌うごとに鐘が鳴ってくれたのです。爆弾
文字通りの「妙なる調和exclamationわーい(嬉しい顔)
笑う場面じゃないのに、あまりのお見事な偶然に
つい笑ってしまいました。

(続く)


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by Duo A&K at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | プッチーニ・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恋するオペラさん
こんばんは!

「トスカ」第2幕での妙なる調和での鐘の音・・・
見事です。

そして恋するオペラさんの普段にも増しての絶妙な
間の取れた解説も。♪

ところで外題役のトスカは誰?

ポチしてお休みなさい。♪
Posted by のり2 at 2010年07月16日 21:00
のり2さん、こんにちは。

そうでした、誰が歌ってるのか
全然書いてませんでしたね。ごめんなさい。笑
トスカはエミリー・マギーでした。
早く続き書きますね〜。。
Posted by 恋するオペラ at 2010年07月18日 21:15
恋するオペラさん
こんばんは!

NHK-hiで放映されたキャストでの「トスカ」でしたね。

マギーちゃん相変わらずの演技派でしたか。!?
ポチしてかえります。♪
帰国してから落ち着かれましたか。♪
Posted by のり2 at 2010年07月19日 19:12
のり2さん、
返信が遅くなって失礼いたしました。

はい、マギー姫は相変わらずの演技派でした。笑
彼女は日本にもよく来ているみたいですから
今後も楽しみですね。
Posted by 恋するオペラ at 2010年07月22日 12:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック