2010年07月22日

本当の星が光りぬ

随分更新が遅くなってしまいました。パンチ
ごめんなさい。もうやだ〜(悲しい顔)

さてさて。

主役のトスカを歌っていたのはエミリー・マギー
カヴァラドッシはもちろんぴかぴか(新しい)ヨーナス・カウフマン
スカルピアはトーマス・ハンプソ、という配役。

日本のテレビ放映時TVと同じ・・・
というか多分まったく同じ映像です。わーい(嬉しい顔)

今まで私はエミリー・マギーに対して
音痴爆弾」だし「リズム感ないパンチ」し「大雑把むかっ(怒り)」だし、
と、マイナスイメージバッド(下向き矢印)しか持っていませんでした。

この方、声量も、肉付きも、
何もかも「豪快手(グー)」なんですよね。

豪快すぎて、例えば「こうもり」のロザリンデのような
軽やかなアジリタの役になると、もう、からっきしがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)
聴いている方が焦る爆弾ほど、音が全くはまらないパンチたらーっ(汗)

あまりの「はまらな」ぶりで、観客に
スリリング(?)な気分を味わわせているパンチというのに
ご本人は自信満々exclamation手(チョキ)なところ、とか
そういう、自分の声にふさわしいとは思えない役まで
やってしまうところ、とか

もはや「豪快」なヤンキー気質を通り超えて
手(チョキ)豪傑手(チョキ)」と呼ぶにふさわしいかもしれません。猫

なんですが。

このトスカは、改めて観てみたら
「悪くないかも・・・グッド(上向き矢印)」と思ってしまいました。

トスカという役は、
ゲ○ルギューとか、カヴァ○バンスカといった、
はかなげな(なぜかここで除外されるM.グ○ギーナわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
美人黒ハートが歌うとそれなりに絵になるとはいえ、
あまりにも古典的な衣装で演じられると、
どうしても非現実的モバQで、浮世離れモバQして見えてしまいます。
私には。

そもそも「普段着」として「」に
きらびやかなロングドレス」を来ている「歌姫」って
一体、ナンナノサ・・・?猫

牢獄に忍び込んでカヴァラドッシと共に
逃亡を図ろうとする場面で、
裾を引きずるロングドレスを着ているなんて
ありえないじゃないですか。

その格好で逃げ出せるダッシュ(走り出すさま)わけないじゃん・・・猫爆弾

今回の演出は衣装の使い方がよかったですね。

一幕は「普段着」として毛皮のコートを着ている。

現実にいますよね、そういうプリマドンナ。猫

第二幕で王妃様(でしたっけ?)の前で歌った直後に
現れるという設定のときは
ありえない大きさの耳飾りと真っ青な肩脱ぎドレス。

つまり、ドレスはあくまで舞台衣装猫

3幕の牢獄に忍び込む時は、黒っぽい
ワンピース姿(ロング丈ではない)。

ちゃんと動きやすく、目立たない服に着替えるあたり
「逃亡する」という現実を分かっている。猫

こういう細かい衣装設定が、マギー姫の
豪快なキャラクターと相まって、
現実的現代的な女性像に
なっていたように思いました。

こういうイタリア人女性、ホントにいそう・・・猫

・・・あれ、マギーじゃなくて演出をほめているけど
ま、いいか・・・わーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)

(続く)

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by Duo A&K at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プッチーニ・オペラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック