2011年02月25日

それをいっちゃあ、おしめえよ・・・

休憩を挟んで、
大植さん赤いポケットチーフがシルバーグレー
(多分相変わらずラメぴかぴか(新しい)入り。黒ハートわーい(嬉しい顔)
グレーネクタイが同系色の斜めストライプ
それぞれお召し替えした後半はブルックナー

スイスのとある教会では、ジャズ作曲家がく〜(落胆した顔)
おっちゃんに大勘違い爆弾されていましたがたらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
2010年5月14日「テニスコートのチガイ」)
ウィーン大学で教鞭をとりながら手(グー)
自作を何度も改訂し手(グー)
その間に女性へのプロポーズに失敗しまくった失恋
真面目〜なブルックナー(スゴイ要約・・・ダッシュ(走り出すさま)たらーっ(汗)パンチ
最後の未完交響曲第9番です。

ブラームスと敵対していた、と言われているけど、

「晩年に至るまで多くの若い女性に求婚したが、
 結婚することはなかった。(ウィキペディアより)」

というあたり、求婚こそしてないけど、
ブラームスだって若い女性に失恋失恋してばっかりだったんだから
この2人が実際に友人付き合いをしてみたら
案外気があったりして・・・exclamation&question猫

さて。
プログラムノートに言わせると、
第1楽章は

世界苦を背負う雄々しいホルン、
 悩み惑う弦楽器、
 全力を振り絞って叫ぶトゥッティ


第3楽章は
 
最後は(中略)未知の清澄な光景にたどり着く。」

と相変わらず期待を煽りまくり。。パンチ爆弾

最後に至っては、

ブルックナーは、人生の最後に、
 後ろを振り返らない音楽を書いた


・・・この断定口調手(グー)ったらexclamationたらーっ(汗)
ブルックナー自身はどう思っていたんでしょうね。
未完に終わった第4楽章が、実はモロに後ろを振り返る音楽だったら
この解説者の方はどうするつもりなんだろうか。。。猫

何ぞとくだらない突っ込みパンチはともかく。

オーケストラは熱く晴れアグレッシブグッド(上向き矢印)演奏していました。手(チョキ)
それなのにせっかくのオケの熱演るんるん
指揮者の大植さんが、引っ張って行ってあげない失恋もうやだ〜(悲しい顔)んですよね。

だからでしょうか。
二楽章の ff トゥッティの弦楽器全員ユニゾンなんて
響きとしては十分野性的手(グー)で、圧力のかかった重厚な音手(グー)・・・
なんだけど、どことなく、音密度が薄い。。バッド(下向き矢印)

そう、まるで・・・
ビーツの代わりに真っ白の蕪でも入れた、
皿の底が透けて見えるようなボルシチのよう・・・。レストラン

どちらかというと、大植さんが、オケのエネルギーに
ブレーキ爆弾を踏んでいるようにさえ聴こえる。失恋がく〜(落胆した顔)

だからでしょうか。
ソロ楽器もそれぞれ素晴らしく弾いているのに、
でもなにか、どことなく、緊張感がゆるい。。モバQ

そう、まるで・・・
薄口しょうゆで味付けした、
はんなり京風だし風味のザウアークラウトのよう・・・。レストラン

なんとも不思議な経験でした(?)猫

一番気になったのが、休符、です。
 と  が交互に切り替わるときに、
長い、息を詰めた様な緊張感ひらめきにあるれた休符、
いわゆる「ゲネラルパウゼ」が何度も出てきたのですが、
これがボンヤリモバQと締りがない。パンチ爆弾
緊張感が全く無くなってしまうバッド(下向き矢印)ものだから、
曲が一つにまとまって聴こえず、
一体何楽章構成かと耳を耳疑ってしまいました。がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

ホールまでが、ひどく間延びして見えてしまったのが
ちょっと残念でした。

でもね。終わってみたらば、ブラボー連発。。。

おや、ブラボーが飛んでいる。
サクラかな〜、もうすぐ春だしね
(意味が違う・・・たらーっ(汗)

と醒めている爆弾バッド(下向き矢印)私の耳に友人のキツ〜イパンチ感想が・・・。

この指揮者、確かに日本人で初めてバイロイトに招かれたけど、
 その後二度と呼ばれてないよね


あちゃ〜・・・それを言っちゃあ・・・。がく〜(落胆した顔)爆弾たらーっ(汗)ダッシュ(走り出すさま)

ま、でも、それなりに、結構楽しかったですよ。猫

突っ込みどころが多い方が、ブログにするには面白いかも。。猫
なんて思ってしまう、私ってば性格の悪いパンチこと。。。がく〜(落胆した顔)



にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by Duo A&K at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック