さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2012年09月18日

ギドラの暗躍

本来ですね。
演奏家が関係者、つまり、その曲を演奏しない演奏家仲間や、
調律師さん達に、リハーサルるんるんを聴いてもらい耳、意見を聞く耳
というのは皆さんなさっていることで、
別に不思議でもなんでもないのです。

しかし、そういう場合でも、
演奏家が手を止めて「どう?」と尋ねた時に初めて、
聴いていた側が「こうだった」と返答します。
それが普通です。猫

なぜギドラ嬢の行動が奇異爆弾に映ったかと申しますと、
彼女の場合、演奏家同士の音楽的な意見のやりとりるんるんに、
尋ねられてもいないのに、自ら口出しをする爆弾
挙句に、演奏中でもお構いなしに、
演奏を中断させてまで意見しようとするパンチ、という、
暴挙に及んだからなのでした。ちっ(怒った顔)

演奏家に敬意を払っている人間には、
演奏を中断させる爆弾、などというのは、
およそ考えられない無礼なパンチ行動です。

御想像下さい、
会社員の方がですよ、社内会議中に
どこの馬の骨とも分からない社外の人間に、
プレゼンテーションを中断され、さらに意見される図を・・exclamationどんっ(衝撃)
まして、演奏しているのは、世界屈指、
トップレベルの演奏家達なんですよ。ちっ(怒った顔)

しかも、それだけクチバシを突っ込んでくるわりに、
いざ、意見を聞かれたら、回りくどすぎて
何を言いたいのかが全然分からない爆弾んです。

一度、教授達が客席にいる彼女に、音量のバランスを
尋ねた事がありました。

教授(以下;教)バランスはどう?
ギドラ(以下;ギ)う〜ん、なんていったらいいのかしら。
          なんか、こう・・・

悪いの?
ううん、そうじゃないんだけど・・・
クラリネットは(ピアノの音量に対して)ちゃんと聴こえてる?
全体にね、響きがなんかちょっと・・・
ピアノが大き過ぎる?
いえ、そうじゃなくて・・・ぼんやりしてる、というか・・・
「(ちょっとイライラした失恋口調で)何?ピアノがうるさいの?
  蓋閉めた方がいい?

いえexclamationそうじゃないのよexclamationピアノはむしろ聞こえないわexclamation
  トニー
(アントニー・シピリ氏の愛称。
  彼女は親しげにこう呼んでいた)、あなたもっと弾かなきゃexclamation

・・・・で、だから結局、どうなのよ・・・? モバQ

どうやらギドラは、ピアノが遠慮がちに弾き過ぎていて、
(ピアノの音量が小さ過ぎて)
響きの輪郭がはっきりしない、というようなことを
言いたかったらしいのですが、
そもそも教授達はピアノとクラリネットの
音量のバランスを尋ねたかったのですから、
大き過ぎる、か、小さ過ぎる、か、ちょうどいい
のどれか一言で十分でしょうがっパンチ

面倒臭いやつっ・・・exclamation×2猫

しかし演奏する教授陣は、大物ばかりですから(?)
ギドラごときにしてやられてはいませんでした。

というか。

リハーサルで段々興が乗ってくるグッド(上向き矢印)(疲れてくるバッド(下向き矢印)、とも言う)と、
教授達は自分の言いたい事を手(グー)、言いたい瞬間に手(パー)
言いたいだけしゃべって手(チョキ)
お互いの意見さえ、あまり聞いてないですよね?たらーっ(汗)
と思われる状態になってきます。わーい(嬉しい顔)

従って、この日も、時間が進むにつれ、
ギドラの意見に注意を払われることも減っていきました。手(チョキ)

この時、演奏していたのはC.フリューリングのピアノ三重奏曲
(ピアノ、クラリネット、チェロ)
17〜18世紀のオーストリア=ハンガリー帝国で活動した作曲家で
ドイツ風のちょっと重厚な和音がよく出てまいりました。

と、チェロのベッチャー氏るんるんが、ピアノのシピリ氏
クラリネットのライスター氏るんるんに言いました。

べッチャー氏これってワーグナーの和声に似てるよね
ライスター氏トリスタンとイゾルデだなexclamation

ここでピアノのシピリ氏トリスタン和音るんるん注1※参照)を
いたずら弾き手(チョキ)する。
と、すかさず、その和声を遮るように・・・

ギドラあら、ブラームス、にも似ていると思うわexclamation

しかし、先生方は誰も彼女を振りかえらず、無視・・・・
(いや、無視というより単に聞いてなかっただけだと思うけど。猫

ピアノの後方で口元にさりげなく(?)手手(パー)を当てて、
思わず浮かんだニヤニヤ笑いを隠す私。。。わーい(嬉しい顔)

シテヤッタリしてexclamation×2
ひらめき手(チョキ)

今度は次の楽章で、ワルツのリズムるんるんが出てきました。
このワルツ、いいよね〜
とノリノリのシピリ氏が、即興ワルツるんるんを弾き手(グー)
他の二人も楽器を抱えたまま、腕だけをワルツ風に動かして
遊び始めた手(チョキ)(?)時、
またしてもギドラは音を遮りつつ
ヨハン・シュトラウスみたいよね

しかしこの言葉にも返事がもらえず爆弾
会話に入れなかった(入れてもらえなかった)どんっ(衝撃)ギドラは、
何を思ったか、その場ですっくと立ち上がり手(グー)
客席の最前列から二列目に移動しながら、
なんと、ワルツるんるんのステップ足を踏み始めたではないですかexclamation

ワタクシ、思わず口をあんぐり開けて、
ギドラの奇行を見守ってしまいました。たらーっ(汗)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

もちろん私は仕事中ですから携帯携帯電話もカメラカメラもビデオ映画
手元に持っている訳がなく、ー(長音記号2)
録画出来なかったのが、返す返すも残念です。猫

しかし先生方はそれさえも全然見て目おらず、
これまた、ざ〜まあみろ〜手(チョキ)、と思っておりましたら、
今度は最前列の座席に靴くつのままよじ登り、
背もたれに腰掛けて肘置きに靴(足)くつを乗せて、
演奏中なのに失恋、シャッター音も高らかに
写真カメラを撮りだしたではないですかexclamation×2exclamation×2がく〜(落胆した顔)

さすがにそれは、ワタクシ、先生方が手を止めたすきに
(演奏中には、声は出せませんから←イヤミのつもりたらーっ(汗)
それはちょっと、ご遠慮くださいっexclamation×2パンチ
とかなりイカツイ声爆弾で言いに行きましたが。

しかし、その程度の行動制限はものともせず手(グー)
その後も絶好調ギドラは、
曲及び編成の入れ替えのための短い休憩中も
もっと休みをとらなきゃだめよ、トニー、
 あなた弾きっぱなしじゃないの
exclamation
などと余計なくちばしを挟みこんだり、
ライスター氏が楽器るんるんをしまう隙に乗じて話しかけキスマーク
(楽器をしまう)手を手(パー)止めさせ、
挙句に彼にハグ黒ハートしてもらうために、自ら抱きつきに近づいて行ったり足して
時間延ばし作戦爆弾(?)に打って出ようとするのでした。パンチ

予定がいっぱいいっぱいどんっ(衝撃)で、休んでる場合ではないパンチのは
教授達も良く分かっている事なので、大概無視されておりましたが、
それでもギドラの暗躍によりリハーサルるんるん
必要以上バッド(下向き矢印)に時間がかかり爆弾
予定時間を大幅にオーバーしてしまったパンチため、
その日最後に予定されていた、ドビュッシーのチェロ・ソナタ
なんとリハーサル出来なくなって失恋しまいました。爆弾がく〜(落胆した顔)

コンサートは明日なのにっexclamation×2ちっ(怒った顔)

仕方が無いので、ギドラライスター氏と話している間に
ホテル家に帰る準備をしに控室に向かわれたベッチャー氏

と、ライスター氏との会話を済ませたギドラ
べッチャーさんにもご挨拶しなくちゃexclamation」と息巻きダッシュ(走り出すさま)
ご挨拶って、なんの?」と思っている我々スタッフを尻目に
ホールの裏口をかけずり回って足、彼の楽屋を探し当て、
挙句に自分もホテルに帰るため、ベッチャーさん用に用意された、
音楽祭専用車車(セダン)に同乗する約束を取り付けてしまったのでしたexclamationがく〜(落胆した顔)

図々しいったら・・・exclamation×2爆弾
この車はタクシーじゃないっってのexclamation×2ちっ(怒った顔)
(本来、演奏家とスタッフの移動をスムーズにする目的で
 用意されている専用車なので、関係者以外の方が使用されると、
 移動に支障をきたしてしまうのです。迷惑パンチ

それにしても、このギドラ嬢
一体何がしたかったんでしょうね?猫

ああ、もしこの日、シピリ氏ラヴェルのピアノ協奏曲るんるんでも
弾いていて下されば(注2※参照
ゴジラとしてギドラ完全撃退できた手(チョキ)exclamationのだろうに。。
(そういう問題ではないっっexclamationパンチ

と秘かに思っていた筆者でありました。猫


注※1:トリスタン和音とは、ヘ(F)、ロ(B)、嬰ニ(D♯)、嬰ト(G♯)
    からなる和音で和声学で言う減五七の和音の一種である。
    また一般に同じ音程(下から順に増4度、長3度、完全4度)
    からなる和音をもいう。この和音がリヒャルト・ワーグナーの
    オペラ「トリスタンとイゾルデ」の冒頭に現れることから
    名づけられた。(Wikipediaより)

注2※:ラヴェルの協奏曲、第3楽章にゴジラのテーマそっくりで
    「ゴジラ〜ゴジラ〜ゴジラとメカゴジラ〜」と歌える部分がある。


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギドラ大活躍〜!
久々に大笑いさせてもらいました。
しかも第二話まで!
いるんですよね〜、こういう勘違いしてる人。
実際にその場にいたらイライラしそうだけど
こうやってお話だけ聴いてると爆笑ものです!
Posted by miki at 2012年09月18日 03:34
みきさん、お久しぶりです!
そうなんですよ、その場では私、イライラどころか、かなりブチ切れ(ーー゛)てました。
(一応御本人に向かって切れるのは我慢しましたけど(-_-;))
もっとも、ギドラが撤収した後は張り合いが無くなって寂しく感じてるんだから、世話が無いんですけどね。(笑)
Posted by 恋するオペラ at 2012年09月24日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)