さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2015年09月13日

ビッグバードはクマに勝てるか?

今年の草津は上野で始まりました。
いえ、私個人の感想なんですが。

恋するオペラるんるんというタイトルは何処へやら、
最近はもっぱら草津音楽祭専属ブログ書き(?)と化している筆者たらーっ(汗)
今年も例によって譜めくりスト本、やってまいりました手(チョキ)

例年、8月17日に開幕する
草津夏期国際アカデミー&フェスティバルるんるん
今年は開幕前日が日曜日であったため、オープニングの前に、
プレ・コンサート、なるおまけるんるんが付いていたのでした。
もちろん立派に音楽祭の一環だったんですけどね。

今年の音楽祭テーマは

1815年ウィーン、ビーダーマイヤー時代、
1915年ドビュッシーと20世紀の音楽


相変わらず長い・・・爆弾

プレ・コンサートも当然テーマにのっとって、
コルンゴルド、フォーレ、ベートーヴェン、の
ピアノトリオ3連発ひらめきでした。

演奏なさったのは、森美加さん(ピアノ)、大友肇さん(チェロ)
そしてヴァイオリンは、
バイエルン国立歌劇場管弦楽団首席コンサートマスター、
マルクス・ヴォルフ氏。
この音楽祭には何度かいらした事がおありだそうですが、
私は初めてお目にかかる方でした。

例年私はオープニングに合わせて、アカデミー教授陣と
同じバスバスで草津入り足するのですが、
今年はプレ・コンサートの譜めくりのため、
ヴォルフ氏のアテンドがてら、初めて上野から電車電車に乗って
草津に向かうことになったのです。

そもそも、この上ない方向音痴台風ある私が、
草津まで初めて電車移動する電車上に、
帰国して早5年、もともと乏しかった失恋のに時間経過と共に、
もはや風前の灯モバQと化している私の怪しげなドイツ語でもって、
初対面の、どんな方だか全然存じ上げない教授をアテンドするあせあせ(飛び散る汗)・・・

ワタクシの緊張っぷりー(長音記号1)、ご想像いただけるでしょうか・・・?たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

そして、朝、上野駅前でタクシーを降り立ったヴォルフさん。

やあ、こんにちは〜exclamationはじめまして。
君が僕と一緒に行ってくれるんだね?よろしくね〜exclamation


なんともフレンドリーな笑顔で挨拶して下さるではないですか。

良かった、無愛想でおっかない人とかじゃなくて・・・猫

乗車すべきホーム位は、さすがにスムーズに見つけられた私目
無事電車の座席に収まった後、

さて、ここから草津までの2時間半が問題だ。
私に2時間半分もドイツ語の知識が残っているかしら・・・?
モバQ

・・・なんぞという気憂は、わずか3分後には
ものの見事に吹っ飛んで爆弾おりました。

いや、その、ヴォルフさんの、しゃべる事キスマーク、しゃべる事キスマーク・・・・たらーっ(汗)

前の日東京のホテルで良く眠れなかったから眠いんだよ〜
とか何とか、言いながら、2時間半ひらめき
ず〜〜〜〜〜〜っっっっっっと
しゃべりっぱなしキスマークでしたわーい(嬉しい顔)
つい最近、これまた久しぶりにドイツ語の夢眠い(睡眠)を見たのですが
きっとこのとき、ヴォルフさんのドイツ語シャワー
存分に浴びたおかげだと、信じておりますわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

広やかな口元キスマークから響く良く通る声るんるんで、
賑々しいアクション手(パー)を付けながら、
間断なく話しひらめき、笑いひらめき・・・

お話している間に段々とこの方のお顔が、

マルクス.jpg

こう見えてまいりました。

るんるんSunny Day Sweepin' the clouds awayるんるん


ビッグバード.jpg
るんるんOn my way to where the air is sweet るんるん

似てませんか、とくに口元・・・?(失礼パンチたらーっ(汗)

電車を降りた後、アカデミーの車車(セダン)で草津町まで移動したのですが
途中から合流なさったピアニストるんるん森美加さんと、
とてもお親しいせいもあったのでしょうが、車移動中もヴォルフさん
ず〜〜〜〜〜〜っっっっっっと
お話しキスマークなさってました。モバQ

山の木々を指さしながら

こういう山の中はクマが出るんだよな。
前に○○(
以前いらしたアカデミー教授)が散歩中に
クマに遭遇して怖い思いをしたと言ってたよ。
ヴォルフ
(ドイツ語で「」の意味)はクマより弱いから
僕はクマに逢わないように気を付けなきゃいけないんだ。
わっはっは
exclamation

とハイテンションぴかぴか(新しい)で話すヴォルフさん。
しかし、その後ろがひどかった・・・パンチ爆弾がく〜(落胆した顔)

電車の中で、私が未だ一人身失恋である事を聞き出したヴォルフさん。
(筆者自ら語ったわけではありませんよ、念のためっっパンチ爆弾

でもK子(筆者の名前。伏字になっていない・・・たらーっ(汗)
クマに逢ったら、キスをしに行きなさい。
そしたら嫁にもらってくれるかも知れないぞ
exclamation

・・・・よけいなおせわですっっっ・・・・パンチちっ(怒った顔)爆弾むかっ(怒り)


・・・・さてちっ(怒った顔)

気を取り直して猫

この、ヴォルフさんですね。
東京から草津に到着足、と同時にホテルビルにも寄らず
コンサートホールに直行して、翌日のリハーサルるんるんに入る、
というハードスケジュールがく〜(落胆した顔)にも関わらず、
立て板に水遊園地のように流れ出る言葉に象徴される、
芝居気たっぷりハートたち(複数ハート)の、天真爛漫な(?)かわいい、邪気のない(??)ひらめき
明る〜いぴかぴか(新しい)キャラクターは、演奏にも
いかんなく発揮手(グー)されるのでありました。

その身体から、というか、毛穴の全てモバQから
音楽るんるんが溢れて出てくるひらめき
でも決して押しつけがましくなく、
溢れ出る音楽るんるんエネルギー手(グー)が切々と胸に迫る黒ハート
でも悲劇性は全くなくかわいい

丹念に磨き抜かれたマホガニーのような柔らかく艶めかしい音色るんるん
あくまでも温かく健康的、まるで快晴の空晴れのよう。
目を輝かせた目好奇心でいっぱい手(チョキ)の少年が、ホールいっぱいの空間を
元気いっぱい踊りまわり足、駆け抜けて行ったくつあとの様な、
生き生きとした清涼感ぴかぴか(新しい)を感じさせて下さいました。

ああ、これが、ヴォルフさんのプロフィールに書いてある、
ぴかぴか(新しい)1722年製ヴォルラート・ストラディヴァリウスぴかぴか(新しい)」の
響きなのね〜、素敵だわ〜・・・・


と思ってましたらexclamation

ああ、これね。ストラディヴァリウスじゃないよ〜。
プロフィール写真(↑上記写真)で持ってるのはそうだけどね〜
わははは〜exclamation


なぬっっexclamation&question爆弾がく〜(落胆した顔)爆弾

・・・・湿気の多い日本の夏に大事な楽器を
持ち込みたくなかったのかも知れませんけど。

なんだよ・・・・猫

なんかこの抜け感が、やっぱり、なんとなく・・・

るんるんCan you tell me how to get,
How to get to Sesame Street
るんるん   たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

ちなみにこのマルクス・ヴォルフというお名前。

東西冷戦時代の東ドイツ諜報機関のボス爆弾で、
顔のない男新月として恐れられたー(長音記号1)人物と同姓同名なのだそうで。。。

いや、絶対、天地がひっくりかえっても、スパイ眼鏡にだけは、
なるの、やめておいた方がいいですってば、この人たらーっ(汗)ダッシュ(走り出すさま)
という方が同じ名前って・・・人生皮肉ですよね猫

ストラディヴァリウス;
イタリアの弦楽器制作者アントニオ・ストラディバリが製作した、
世界最高峰のバイオリンの名称。
ヴァイオリニストや収集家羨望の銘器。
数千万から数億円で取引される。

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村

posted by KIKLKM at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)