さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2015年09月16日

黄金のとき、黄泉のとき・・・

そして今年最大のラッキー手(チョキ)は、第日目に訪れました。

3年前に初めてお聴きして耳以来、心の底から憧れているぴかぴか(新しい)
ソプラノ歌手、ぴかぴか(新しい)ジェンマ・ベルタニョッリさんぴかぴか(新しい)のリサイタル。
共演者の、こちらは、もう、子供の時からの憧れぴかぴか(新しい)
ピアニスト、ぴかぴか(新しい)ブルーノ・カニーノ氏ぴかぴか(新しい)の譜めくりを
させて頂いたのです〜るんるん手(チョキ)

今までのジェンマさんのリサイタルは、
オルケストラ・ダ・カメラ・ディ・ペルージャの皆さんや、
オルガンとの共演だったり、
ピアノの共演があっても譜めくりが要らない失恋曲だったり、で、
ご一緒する機会が全然なかったもうやだ〜(悲しい顔)のです。

ところが今年は、

シューベルトの歌曲5曲にロッシーニ
ベルリオーズアーンマスネ

前半に彼女が歌う、全ての曲グッド(上向き矢印)に譜めくりが要るではないですかexclamation

るんるんやった〜〜るんるん手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

お2人は初共演るんるん(だと思う)ですが、
どちらもお互いに演奏してもらいたいよう黒ハートに演奏しているるんるん
と言う感じだったのでしょうか。
合わせの時も、テンポを確認しながら、
さら〜っと一度通すだけで、もう完璧ぴかぴか(新しい)
合わせをするというより、歌詞の内容について、等々、
ほとんどの時間、お話キスマークをされていました。

それでもそのたった1回の、至福の静謐さに、
春の想いの柔らかさに、グレートヒェンの鬼気迫る悲劇に、
すっかり感情移入した私は、本当に涙ぐんでしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
お2人がお互いのお話に夢中キスマークで後ろの私を
振り返らないで目いて下さったのが幸いでしたわーい(嬉しい顔)
フランス語やイタリア語の歌るんるんに至っては、
歌詞の意味が全然分からない失恋にもかかわらず、
声を聴くだけで耳、音を聴くだけで耳、目の前に
色彩豊かなアートが浮かぶぴかぴか(新しい)ような気さえ、致しました。

それにしても、多分、興味深いアレコレひらめきが聞けたであろうに、
イタリア語がさっぱり分からない失恋私は、
舌を噛み切りたくなる爆弾ほど、口惜しかったパンチもうやだ〜(悲しい顔)のですが。

マスネのエレジーるんるんはチェロにタマーシュ・ヴァルガさん
お迎えしてのトリオひらめきでした。
ただしヴァルガさん曰く
僕のパートは楽譜に
『チェロ、もしくは、ヴァイオリン、もしくはフルートで』
と書いてある(本当)。
要するに、何でも良いんだよな〜(苦笑)
だそうですがわーい(嬉しい顔)

これまた、官能的な黒ハート美しいぴかぴか(新しい)曲で、譜めくり本と言っても
たったの1回しかめくらなくて良いのをこれ幸い手(グー)と、
リハーサル、本番含め、何度も、しかもこの至近距離で
聴き惚れる耳ことの出来た私は、なんというぴかぴか(新しい)贅沢者ぴかぴか(新しい)なのでしょうか・・・exclamation

面白かったのは、遠山慶子さんが興味津々だった
ヴァルガさんのタブレット譜TV
お若いジェンマさんはお好きでなかったようで、
お願いだから、私のリサイタルでは使わないでね」と
わざわざ念押しされていた事です。

世の中色々な人がいるんだなぁ、と改めて思いました猫

この第日目は非常に盛り沢山手(グー)の日でした。

通常通りの時間にジェンマさんのリサイタルが行われた後、
昨年12月に亡くなられた、元草津アカデミー音楽監督の
遠山一行氏を偲ぶ会」、
さらにその後に草津音楽祭友の会主催による
ポピュラーコンサート
〜追悼 遠山一行音楽監督 草津に集う音楽家たち
」、
と、なんと3連続大行事ひらめきが決行されたのです。

なによりも面白かったのは、遠山一行先生追悼コンサートの
ディアベッリのワルツによる変奏曲、です。
つまりこれなんですが。
題して「出待ち中の15人のピアニスト達」

ディアベリ.JPG

アントン・ディアベッリの発案により、彼の主題を
その時代の50人exclamationの作曲家たちに変奏してもらい、
合作という形で完成された「主題と50の変奏曲」。


(この依頼を受けたベートーヴェンは、計画を断固拒否し、
単独で演奏時間1時間に及ぶ長大な作品、
「ディアベッリの主題による33の変奏曲」Op.120
を書いている)

このうちの主題と19の変奏曲、及びコーダを順不同で抜粋し、
ブルーノ・カニーノ氏岡田博美氏、以下、
アカデミー講師アシスタントピアニストを含めた
15人ピアニストさん達が、
舞台上に向い合せで設置された2台のピアノるんるん
交互に、リレー形式くつで演奏する、
という、爆弾トンデモナイ企画爆弾だったのですね〜。

前の変奏曲るんるんを割り当てられた人が弾いている間に、
そーっと忍び足足でピアノまで歩いてこっそり座ってモバQ待ち、
自分の割り当てるんるんを弾き終わったら、
次の変奏るんるんを弾く人が反対側のピアノで演奏中に、
またそーっと忍び足足で椅子を立ち、そのまた次の人と交代して・・・

を延々とやる訳です。

しかもですよ。
草津音楽祭では以前にも、同じリレー形態くつ
この変奏曲るんるんを演奏した事があるそうなんですが、
その時は一人づつ、舞台袖から登場した足らしいのです。
つまり、自分が弾く直前までお客様の目目に触れない、
舞台袖で控えていられたんですよ。

ところが今回は、2台ピアノの背後にぐるりと椅子を配置し、
全員が舞台上で自分が弾く前も弾き終わった後も
ず〜〜っと待機する爆弾、という形態だったのですがく〜(落胆した顔)

これは、イヤだ・・・・exclamation×2パンチ爆弾

いや、ヒトゴトとして見ている目方は
こんなサーカスちっく遊園地な企画、
面白い事この上ない(失礼パンチわーい(嬉しい顔)のですが、
やる方はたまったもんじゃないたらーっ(汗)でしょうねえ。。

学生時代の試験以来の緊張感・・・ダッシュ(走り出すさま)
前日から胃が痛い・・・たらーっ(汗)

皆さん、そりゃあ、色々、仰ってましたともわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)ダッシュ(走り出すさま)

こ〜んな写真を撮ったりカメラ
みなさんの
あまり高額有料でなく、持ち運びしやすく手(グー)、且つキレイぴかぴか(新しい)なお衣装
の数々に色めき立ったりハートたち(複数ハート)、していればよかった、
お気楽な身分の私爆弾は、本番を録音室でモニター越しに
聴かせて頂いてました耳が。

怖いですよね〜。猫

モニター画面TVはぼんやりしていて、演奏者がどなたか
ハッキリと見えないんです。
でも高性能マイクカラオケを通した「るんるんるんるん」はバリバリよく聴こえる耳
という状態だと、逆に視界目に惑わされない分
それぞれのピアニスト達のお人柄ひらめきが音にモロに出ているのが
丸分かりで。。。たらーっ(汗)
今、誰が、弾いてるんだな、というのが、
はっきりと分かっちゃうんです。

いや、これは、失恋怖い失恋ですわ。

もちろん、みなさん、素晴らしかったぴかぴか(新しい)んですよexclamation
でもね、筆者は、数ならぬ身で、こんなんに、出る必要が無くて、

よかった〜〜〜手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

と心の底から思いましたとさ猫
(ごめんなさい爆弾
にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村








posted by KIKLKM at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)