さくらのVPS ココロも満たす、感情品質。【All About スタイルストア】 ロリポップ!

2015年09月20日

シックスパックはシックスパックのためならず

マルクス・ヴォルフさん(以下MW)、
タマーシュ・ヴァルガさん(以下TV)、
クリストファー・ヒンターフーバーさん(以下CH)のお三方は
今年の第4日目、J.シベリウスのピアノトリオでの共演が
初顔合わせでした。
そしてどうやら、すっかり意気投合手(グー)したようなのですね。

リハーサルの部屋を直前変更した時も・・・

変更先の暗い部屋は16〜18時のコンサートで
楽屋として使用されていたため、18時を過ぎても
出演者がまだ着替えていらっしゃいました。

MWそこの部屋、まだ空かないの〜?
CHまだ誰か、着替えてるんだよ、女性が揺れるハート
TVおお、女性がexclamationそりゃ、すばらしいexclamationハートたち(複数ハート)
CHま、僕らにとったらね〜手(チョキ)
3人「どわっはっはっはexclamation×2

・・・・・・・たらーっ(汗)

なんていう会話をしておられました。
(もちろん着替え部屋侵入足は阻止パンチしましたよっっ手(グー)
変なとこまで意気投合してるのね。。。猫
そんなわけで、合わせの時も何だかとっても楽しそう手(チョキ)なんですね。

CHマルクス、そこのメロディーの流れをヴァイオリンから
ピアノに上手く引き継いで
(uebergeben)くれないか?

ドイツ語の uebergeben には、引き継ぐ手渡す、の意味、
と同時にもう一つ、吐く、という意味もありまして・・・
もちろん、すかさず、

MWおえ〜〜〜

・・・やると思った・・・猫

わっはっはexclamation
MW分かった、分かった。
てことは、タマーシュ、その後のチェロのメロディーも・・・
・・・お前、なにしてんの??


マルクスさんの言葉につられて、クリストファーさんと私が
ヴァルガさんの方を見る目と、
片足足のクロックス靴くつを脱いで空中で降り上げた体制のまま
固まっている雪ヴァルガさん。。
と思った瞬間、彼は勢いよくその靴を降り下ろしました爆弾

何かと思ったら、楽譜本に止まって邪魔をするむかっ(怒り)
退治しようパンチとしていたらしいんですけどね。

MW虫退治にどんだけ時間かけてるんだよ〜exclamation
TV集中してたんだよexclamation

・・・その後も何だか、ずっとこんな調子で。
なんだか本当に和気アイアイ手(チョキ)
とした合わせるんるんでございました。

それにしても。
エネスコ(1881〜1955)というのはルーマニアの作曲家ですね。
晩年にこそ、共産圏の影足が影響を及ぼすバッド(下向き矢印)ものの、
輝かしい才能ぴかぴか(新しい)を、熱心な教育者としての姿勢ぴかぴか(新しい)
国内外で十分評価ひらめきされ、国際的な名声を得た手(グー)素晴らしい作曲家るんるん
であるはずですし、
彼の音楽と現在のルーマニア国の歴史事実とか経済状態とか
とは何の関係も無いはず、なんですが。

筆者は昨年、ご縁があってルーマニアに行く機会飛行機がありました。
かつての社会主義共産国ルーマニアで、
当時の大統領チャウシェスクに対する革命が起きたのは1989年、
すでに25年も前の事です。
にもかかわらず、革命時に崩れ落ちた爆弾建物、道路、教会その他が
未だに改修されず、そのまま放置バッド(下向き矢印)されたり、
不景気を象徴するかのように、
デパートや駅、空港などの公共施設の照明ひらめきが驚くほど暗かったバッド(下向き矢印)り、
スリ、ひったくり、ぼったくり、野犬、等の治安の悪さパンチ
肌で感じられるような気がして、
四半世紀前に終わっているとはとても信じられないほど、
革命の跡が色濃く残る、どんよりと暗い爆弾印象に、
正直、驚きました。

そして、ルーマニアと聞いて連想するのが、
ドラキュラ、とか、ヴラド・ツェペシュ
(B・ストーカーが小説化した時のドラキュラのモデル)とか、
血なまぐさくてバッド(下向き矢印)暗くてバッド(下向き矢印)重いバッド(下向き矢印)キャラクターばかり
だからかもしれません。

初めてエネスコの音楽るんるんを真面目に聞いた耳筆者は、
あのなんとなく薄暗かったブカレストのイメージを
彷彿とさせるような、
暗く重い
でも哀しみを込めた民族的なメロディーるんるん
内に秘めたとてつもないエネルギー
手(グー)を感じさせる・・・
きっと民族に流れる血黒ハートが、この暗い情熱キスマーク
音楽
るんるんとして表出させたのよね〜・・・
と思ってしまったのでした。
先入観故の大いなる偏見だと思うのですが。猫

あるいは単に、これを演奏している3人の合わせわせ現場の
あまりにも楽しそうな雰囲気グッド(上向き矢印)と、音楽の印象バッド(下向き矢印)
ギャップが激しい・・・
と思っただけかも知れません。(人のせいにしないっっパンチ

特に3楽章の葬送行進曲のような重々しい爆弾出だしからの
後半への怒涛の様な盛り上がり爆弾は、
何回聴いて耳もドキドキ揺れるハートしていました。
もちろんこの楽しそうなお三方の息が、
とてもとてもよく合っていた手(チョキ)せいかもしれませんわーい(嬉しい顔)

ちなみに5日前のシベリウスのトリオるんるんもカッコいいぴかぴか(新しい)曲で、
実に素晴らしい名演奏ぴかぴか(新しい)だったのですが、
この時の演奏会タイトルが
T・ヴァルガとC・ヒンターフーバー」だったせいか、
この日ヴァルガさんとヒンターフーバーさんについている
アカデミーの生徒さん達は
それぞれの先生に花束かわいいを持っていらしていたのに、
マルクスさんは何にもバッド(下向き矢印)もらえなかった失恋のですね。

なんで僕だけ、何にもないんだよ〜exclamation&question爆弾

客席に向かって両手を広げ手(パー)、声にこそ出さなかったけど
大いにアピール手(チョキ)してお客さんの笑いを誘ったマルクスさんわーい(嬉しい顔)

その時も「これだけアピールしたから、次回は・・・ふっふっふ手(グー)
と言っていらっしゃいましたがたらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)
もちろん、彼の良く出来た(?)生徒さんたちは、この日、
エネスコのトリオのために、マルクス先生に
素敵なプレゼントプレゼントを持ってきていました。

それだけでも「うわぁお、やった〜〜〜exclamation手(チョキ)」と大いに喜んだぴかぴか(新しい)マルクスさん。
楽屋で中味を開けて見た目後、部屋を飛び出し我々のところまで飛んできてくつ
報告(自慢?ぴかぴか(新しい))して下さいました。

中味、何だったと思う?ぬいぐるみと(ぐんまちゃんのぬいぐるみ)
僕の大のお気に入り、エ○スビールビール6本パックだった
なんて良く出来た生徒たちぴかぴか(新しい)
exclamation

と感動するぴかぴか(新しい)事しきり。物凄く嬉しそうグッド(上向き矢印)で、

良かったですね〜

ちなみに、その6本のビールビール、大切に飲んでいると思ったら、
ものの2日で消えてなくなったがく〜(落胆した顔)とか。
マルクスさん、実は大酒呑みビールらしいんですよね。
飲み過ぎのせいでお腹がだんだん豊か爆弾になってきているのだとか。

そりゃ6本ビールがその勢いで消えるなら、
腹筋の方のシックスパックも、あっという間に
消えてなくなるでしょうよね・・・猫

それにしてもこのお三方。
お互い大いにお気に召したひらめきようで、また一緒に弾こうexclamation
とがっちり握手手(パー)をしていらっしゃいました。
今後も草津で、このお三方の名演が聴ける耳のかもしれない、
と思って、わくわく揺れるハートの筆者でありました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
にほんブログ村
posted by KIKLKM at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 草津音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ベッドブランド「ASLEEP」 クロスコレクション(CROSS COLLECTION)