2020年05月18日

なんて優雅にお買い物

小舟にて〜ドビュッシー連弾曲集「小組曲」より

【Youtube 100本ノックNo.65

ドビュッシー1 サムネイル写真100-66.png

うちの近所のスーパーは店内BGMが
クラシック音楽と決まっています。

たまに鮮魚売り場でクラシックのBGMの上から強引に

「さかな、さかな、さかな〜
さかな〜を〜食べ〜ると〜、
あたま、あたま、あたま〜
あたま〜が〜良く〜なる〜」

というお魚の歌をかぶせてくるので
若干引いてしまうのですが、
基本的にはクラシック音楽のBGMを聴きながら、
100g98円の鶏むね肉と
100g108円の鶏モモ肉の
どっちを買うかを真剣に悩んだりするわけです。
(私はもも肉の方が好き)

そのBGMが、シューベルトの鱒とか、
ベートーヴェンのスプリングソナタ
(ヴァイオリンソナタ第5番)とか、
ショパンのノクターンとか、
タイトルでは分からなくても
メロディーを聴いたら、ああ知ってる、
となるような、
いわゆる有名クラシックに限らないんですよね。

フォーレのヴァイオリン・ソナタ、とか、
ラヴェルのマ・メール・ロア、とか、
ドヴォルザークの我が母が教え給えし歌、とか・・・

途中だけ聴いたら、
「あれ?これ知ってるはずだけど何の曲だっけ?」
と、とっさに思い出せないような
準マニアックなクラシック曲も結構かかっているので、
曲名を考えている間に何を買うのかを忘れて、
家に帰っちゃってから
「あ!しまった!」
となることが良くありましてですね・・・・

もしかしてこの「あ!しまった!あれ忘れた」
もう一回買い物に行かなきゃ
(再訪時)どうせもう一回来たんだし
と余計なものをかごに入れちゃう

という流れを狙っているんだろうか・・・?
(絶対違う)

そしてですね。
そのBGMの中でも割と登場回数が
多いのがドビュッシーなんです。

ドビュッシーの音楽ってサラサラ流れていくようで
灰汁が少ない気がするのですが、
そんな事もBGMとして好まれる
要因の一つかもしれませんね。

管弦楽曲にも編曲されていますが
こちらの「小組曲」は
ピアノ連弾がオリジナルです。

第1番「小舟にて」をどうぞお聴きください。







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: