2020年10月10日

モールスの罠

【サタデーナイトデュオ No.11】

サタデーナイトデュオ 11.jpg

本日お聴き頂きますのは、マリーゴールド
2018年の紅白歌合戦でも歌われた、
あいみょん、さんの名曲ですね。

毎回ピアノで歌の曲を弾くと
歌詞が付けられず、少々残念な気がしてしまいます。
でもこの曲は、歌詞ももちろん素敵なのですが、
歌詞無しのメロディだけでもとっても素敵で
弾いていて楽しい曲でした。

でもね。
この曲に限らないんですが、ポップスの曲って
リズムが難しいんですよね。
特にこの曲はシンコペーション(※)が
やたらに多い。

(※西洋音楽において、拍節の強拍と弱拍の
パターンを変えて独特の効果をもたらすことを言う
Wikipediaより)

もちろんクラシック音楽だって、
複雑怪奇で、正直弾いてて、

コノヤロウ・・・!

と思う難しいリズムのものもあります。
シンコペーションも、当然、ある。

でも、ポップス曲のリズムは独特で、
クラシック畑の我々には、
なかなかに難解だと思うことがしばしば。。

このマリーゴールドも、歌が始まるしょっぱなから
シンコペーションの連続で始まります。

左手で拍通りのドラムの音を弾きながら
このシンコペーションの連続を弾くのが、
結構難しいのです(笑)

名曲、とかご紹介しておいてナンですが、
ワタクシ、この曲、サビ部分しか良く知らないので
このシンコペーションの連続がなかなか覚えられず、
口で歌って覚えようと試みたんですが。

んた〜た〜た〜た〜た〜た〜た〜た〜た〜たた〜
たた〜た〜たた〜ぁたた〜ぁたた〜た〜た〜たた〜ぁ

(字で書いてもさっぱりわからない。笑!!)

これがね。
本人は真剣な顔でた〜た〜言ってるんですが、
自分じゃない相手が、音程完全無視で、
リズムだけをつぶやいているのを聞くと
どう聞いても、モールス信号に聞こえるんですよ。

聞いてるだけの方は、なかなかに面白い。。
ラブソングの切なさやらへったくれやらが吹っ飛んで
名曲も真っ青な面白さ(?)になります。

あまりに面白いのでご紹介したくなっちゃいました♪
是非一度皆さんもお試しあれ〜



posted by Duo A&K at 20:00| Comment(0) | Youtubeサタデーナイトデュオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: