2020年06月15日

オールウェイズ・カレーニナ

ヴォカリーズ〜ラフマニノフ
【Youtube100本ノックNo.93
ヴォカリーズ サムネイル写真100-93.jpg

ロシアの作曲家、セルゲイ・ラフマニノフ、
彼の最も有名な作品は、ピアノ協奏曲第2番
と言ってよいでしょう。

ソチオリンピックの時、フィギュアスケートの
浅田真央ちゃんの涙のフリープログラムで
使用されたことでも有名な曲ですね。

そしておそらく、この協奏曲と並んで
有名と思われるのが、こちらのヴォカリーズ、
ではないでしょうか。

もともとは、ソプラノまたはテノールのための
『14の歌曲集 作品34』の終曲として
出版されている曲でしたが、
ヴォカリーズ=歌詞が無い歌、ですから
母国語(ロシア語)の制約が無かったため、
世界各国でも人気となりました。

さらに、ラフマニノフ自身も編曲していますが、
もともとが歌曲であったことさえ忘れそうなほど
他の楽器へも次々と編曲されていて、
Wikipediaによると

「およそ編曲対象になっていない楽器が
無いのではないかと思わせるほど、
多様な編曲が行われている」

のだそうで。笑

独特の甘〜いメロディーライン、
不協和音寸前の半音階のうねり、
重厚でピアニスティックな伴奏、

どれも、ザ・ラフマニノフと言いたくなる響きです。

ラフマニノフの作品って、
半音階のうねうねした響きが多いんですよね。

すっきり、ぱっきり、明るく、軽やか・・・
等々の言葉と縁のある曲がほとんどなくてですね、
例え「ロマンス」というタイトルがついていても

恋の喜びよりは苦悩、
ラブラブよりは不倫のドロドロ、

を思い起こさせることの方が
圧倒的に多い気がするのです。

我々もスイス時代にラフマニノフの「ロマンス」を
演奏したことがあるのですが、
案の定(?)のドロドロうねうねなロマンスだったもので、
姉が我らが師匠に

「ラフマニノフの恋愛って絶対
いつだって、アンナ・カレーニナみたいな
ドロドロ不倫劇ばっかりだったっぽくない?」

と申しましたら、師匠(ドイツ人)、
大爆笑しながら同意してくれました。

ほらっ、やっぱり、
この感想は万国共通なんですよ、きっと!







posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

誘う音

カンティナ・バンド〜スターウォーズ
【Youtube100本ノックNo.92

カンティナ サムネイル写真100-.png

カンティナというのは、酒場、バーの意味で、
つまりカンティナバンドってのは、
酒場音楽ってことなんですよ。

一体どこの酒場かと申しますと、
砂漠の惑星タトゥイーンのモス・アイズリー宇宙港。

・・・観たことが無い方には、
もはや暗号にしか見えませんよね。笑

映画「スターウォーズ」のお話です。

スターウォーズシリーズの最も古い作品(エピソード4)で
主人公ルーク・スカイウォーカーが、
腕利きの宇宙船パイロット、ハン・ソロと
初めて対面することになった宇宙港の酒場で
BGMとして流れていたのが、
このカンティナバンドの曲なのでした。

重要な曲ではないんですよ。全然。
映画のテーマソングではないし、
主人公のテーマでもないし、
ダースベイダーとかヨーダみたいな
重要人物の曲でもないし
映画のクライマックスでかかる曲でもないし。

でも、このノリの良さ、この楽しさ、この明るさ、
どうにも耳について離れないんですよね。
そんでもってなんとなく飲みたくなっちゃうっていう・・・笑
さすがの酒場音楽と申しましょうか。

さあ、みなさんも、この曲BGMに一杯、
いかがですか?





posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

繋がりの不思議

亡き王女のためのパヴァーヌ
【Youtube100本ノックNo.91
パヴァーヌ サムネイル写真100-.png

モーリス・ラヴェルが作曲した初期の傑作であり、
自身の代表作にもなった作品。

もともとピアノ曲として作曲されたものを、
後にラヴェル自身がオーケストラ版にも編曲しています。

まだパリ音楽院に在学しているときに完成したこの曲は、
当時、つまり19世紀末から20世紀初頭のフランスで
ラヴェルも含め多くの音楽家のパトロンを務めていた、
ポリニャック公爵夫人に捧げられました。

ポリニャック夫人って・・・

そうです、ベルサイユのばらという漫画で
主要人物として登場するポリニャック伯夫人。

革命前夜のフランス宮廷における、
王妃マリーアントワネット最有力お取り巻きの一人で、
アントワネットに取り入って身分も財産も権力も
思うままに引き上げてもらったくせに、
革命が始まった途端、真っ先に
国王夫妻を見捨てる形でオーストリアに亡命した、
あのポリニャック伯爵夫人
(アントワネットによって身分が公爵夫人に引き上げられた)
の次男の息子(孫)のお嫁さんだったんですねぇ。。

もっとも曲自体には、
フランス革命もマリーアントワネットもポリニャック夫人も、
何の関係もなくてですね、
かつて、ラヴェルがルーブル美術館で見た
ベラスケスが描いた「王女マルガリータの肖像」という絵から
インスピレーションを得たらしいのですが。

でも歴史の糸が縦横につながっていくみたいな
この感じ、面白いですね。笑






posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

ドッキリはいつだって新鮮だけど

恋〜星野源
【Youtube100本ノックNo.90

恋 サムネイル写真100-.png

どこかのCMでありましたよね、
みんなで座って飲み食いしていたのに、
ある特定の音楽が鳴ると自分以外のみんなが
一斉に同じ動きでその音楽に合わせて踊りだして、
訳が分からない主人公が1人で焦りまくる・・・
というのが。

私、まさにアレを経験したことがあるのです。

いやね、星野源さんの『恋』なんですけども。


あの日私は友人と、港の周遊クルーズ兼ビアガーデン
というツアー(?)に参加していたのです。
その船ではクルーズ中にバンド演奏もありました。

立ち上がってバンド音楽に合わせて踊ったり
歓声をあげたり手拍子したり
バンド演奏をBGMに飲んだり(我々はコッチ)、
色々でしたが、クルーズ船のお客様は
それなりにそれぞれ、みんなで楽しんでいました。

ところが、とある曲がかかりだしたら
立って踊ってた人はもちろん、座って聞いていた人も
聞き流して飲んでいた人も、我が友人たちも、
全員が同じ動きで踊りだしたんですよ。

私は1人で訳が分からず、
文字通り『仰天』しておりました・・・

そして、お客様(私を除く)が大いに盛り上がった
その曲の演奏を最後にバンドは一旦休憩に入りました。

頭に何千個も何万個もが飛んでいた私は
早速友人に聞きましたよ、もちろん。

今の、なに????

友人が答えて曰く「恋ダンスだよ」と。。。

・・・私はスイス留学時代に持っていなかったせいで、
帰国してからもとんとテレビを観ない人に
なっておりました。

当然テレビドラマも観ていないわけで、
恋ダンスが何なのかも、
それがそんなに話題になっていたことも、
そもそも星野源さんという歌手の存在さえも、
全っっ然知らなかったんですよねぇ。。

いやはや、びっくりしましたわ。。笑

今時、このネット社会で、
しかも日本に住んでいながら、
これほど社会現象(?おおげさ?)にまでなった
ドラマのダンスを知らないってのも
珍しかったでしょうね。

おかげでこんな珍妙な体験が出来たんですから、
まあ悪くないかもだけど。笑

人生って、新鮮な驚きに満ち満ちていますね。うん。





posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

必要は発明の母

スペイン舞曲 第1番〜モシュコフスキー
【Youtube100本ノックNo.89】

モシュコフスキー1 サムネイル写真100-.jpg

音楽家とか画家とか文豪とか、
(よくあるイメージだけでなく実際もですが)
いわゆるゲイジュツカが生活に困るのは
古今東西、今も昔も変わらないようで。

後に著名な演奏家兼教育家兼作曲家となる、
ポーランド人作曲家、モシュコフスキーも
若かりし頃はご多分に漏れず、
お金に困っておりました。

17歳の頃、金欠に喘ぐモシュコフスキーは
親しい友人シャルヴェンカにお金を借りようと
彼のもとを訪れました。

するとシャルヴェンカくん、なんと優雅に
パイプをふかしているではありませんか。

たかる気満々のモシュコフスキー氏、
自分も煙草を吸わせてもらおうと
パイプを借ります。

ところがシャルヴェンカ、
パイプはあるが煙草の葉は無い、
というではありませんか。

モ「え?じゃ君が今吸ってたのは何?!」

シ「そこの破けたソファーの中の詰め物の草、さ。」

モ「・・・・・。」

それほど困窮している男から
金を借りることは出来ない
判断したモシュコフスキー。
何も言わずに黙って家に帰り、
作曲をしてお金を稼ぐことにしました。

(なんで初めからそうしなかったのよ)

テーブルにつき、
過去に作曲のアイデアを書き留めた
スケッチブックを広げると、
ふと、そこにあった
スペイン風のモチーフが目に留まりました。

そうだ、これだ!

数日で書き上げ、出版社に持ち込み、
無事、日の目を見ることになった…

のがこの「スペイン舞曲集 作品12」
なのでした。。

モシュコフスキー本人曰く、

「スペイン舞曲集は良く売れ、
版を重ね、編曲もされた。
この曲集のおかげで私は音楽界に
名を知られるようになった。
だが、そもそもの発端は、
友人のシャルヴェンカが煙草を持っておらず、
私に貸すお金が無かったから、なのだ」

いや、それを言ったら、元も子も・・・笑
必要は発明の母、ってこと、なんですかね。





posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

知ってて知らない

フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン
【Youtube100本ノックNo.88】

フライミー サムネイル写真100- .jpg

1954年にバート・ハワードが作曲し、
ニューヨークのキャバレーで初披露された
フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン。
日本語訳だと「私を月に連れて行って」

当初は3/4拍子だったそうですね。

1962年にジョー・ハーネルという方の
ボサノヴァ風の編曲をフランク・シナトラがカバーして
爆発的なヒットとなったのだそうです。

シナトラが歌った当時、アメリカは有人宇宙飛行計画、
いわゆるアポロ計画の真っ最中で、
シナトラの歌うこの曲の録音は、
アポロ10号、11号にも積み込まれ、
人類が月に持ち込んだ最初の曲、とも
言われているのだとか。

(ま、正しくは、月面着陸した宇宙船に
持ち込まれた、のでしょうけども。笑)

日本でも色んな方がカバーされていて、
CMやドラマでも使われているようですね。

最近ではテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の
エンディングでも使用されて認知度を上げたのだとか。

どこで聞いたことがあったのかも覚えてないけど、
タイトルも知らないけど、
メロディを聞いたら知ってる曲って
結構あるじゃありませんか。

この曲もそんな一つ・・・じゃありません?
私たちはそうでした。笑

手持ちの楽譜に入っていたこの曲の
タイトルを見ても全然ピンと来なくてですね。

なにこれ、どんな曲〜?

と言いながら楽譜を見て弾いてみて、
大変分かりやすく、

ああ!これか!

って。。

知ってて知らない名曲ってことで・・・笑








posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

1002番目にいかがでしょ?

ア・ホールニューワールド〜映画『アラジン』より
【Youtube100本ノックNo.87

アラジン サムネイル写真100-.png

ヒット映画を連発し、
ディズニー・ルネサンス期と呼ばれる時期、
1992年の映画『アラジン』の劇中歌。

アラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の
世界的大ヒットバラードですね。

アカデミー賞歌曲賞、グラミー賞最優秀楽曲賞、
さらにアメリカ総合チャート首位を獲得した
ディズニー史上唯一の曲でもあり、
日本でも日本ゴールドディスク大賞
グランプリシングル賞を受賞しているのだとか。

もっともこの手の話題に疎い筆者は
なんか、凄そう…という程度にしか
理解できてませんが。笑

映画の主人公アラジンが、アリという王子に変装し、
王宮からジャスミン姫と共に

「一緒に広い世界を見に行こう」と

魔法のじゅうたんに乗って世界中を旅する場面で
アラジンとジャスミンが歌うんですよね。

私もこの映画を映画館まで観に行きまして、
歌詞が書いてあるパンフレットを買い込み、
一生懸命歌って覚えたものです。

なのでアラジン役もジャスミン役も、
どっちの歌詞も未だに歌える。笑

元になっている千夜一夜物語も、子供の時、
ハードブックの重たい本をこれまた一生懸命
ワクワクしながら繰り返し、何度も読みました。

千夜一夜物語って、実際1001個のお話が
あるんだそうですね。

私が読んだのは子供の時、という事は恐らく
子供用に編纂された児童書だったはずだから、
1001個のお話全部を読んで・・・ないでしょうね。

今度大人用(?)を読み返してみようかな。




posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

ちがう、そうじやない

ララルー【Youtube100本ノックNo.86

ララルー サムネイル写真100-.png

【ララルー】はディズニー映画『わんわん物語』
の歌として有名ですね。

わんわん物語と言えば、私たちにとっては
映画ではなく絵本でした。

昔、我が家にはアルバムサイズほどの
大きなディズニーの絵本が何冊かありました。
そのうちの1冊が『わんわん物語』だったんですね。

私はまだ平仮名がいくつか読めたかどうか、
ぐらいの年齢でしたが、その絵本があったこと、
そしてお話しは良く知らないけど犬の絵が
とても可愛くて、好き好んで眺めていたこと、
を良く覚えています。

この絵本を昔、姉は、よく
祖母に読み聞かせて貰っていました。
明治生まれの祖母は根気よく何度でも
姉のために読んでくれたそうですが、
なにしろ明治生まれですから、カタカナの読み方が
どうも少々おかしい。

ヒロイン「レディーちゃん」を「れでいちゃん」
と読むのだそうです。

姉も知恵がついてきて(?)いますから

「ちがうよ、『レディー』ちゃんだってば!」

と何度も訂正するのですが、
何度言ってもどうしても
「れでいちゃん」のままだったのだそう。

祖母の存命中にディズニーの話を詳しくしたことは
私はありませんが、きっと彼女なら

でずにーらんど、

と呼んだでしょうね。
おばあちゃん、ちょっと可愛い・・・笑

そんな懐かしい思い出の、わんわん物語から
『ララルー』です。






posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

イメージの裏切り・・・?

山の魔王の宮殿にて〜ペール・ギュント組曲より
【Youtube100本ノックNo.85

山の魔王 サムネイル写真100-.jpg

2歳の時から横浜育ち、

たとえ横浜港のシンボル『横浜三塔』
(キングの塔(神奈川県庁本庁舎)
 クイーンの塔(横浜税関)
 ジャックの塔(横浜市開港記念会館)
のどれがどの建物か覚えられずとも、

たとえ氷川丸と日本丸のどっちがどっちか
自信を持って答えられずとも
(氷川丸(山下公園)
 日本丸(みなとみらい21地区))

たとえ大桟橋も中華街も赤レンガ倉庫も
迷子にならずまっすぐ辿り着けたためしがなかろうと、

ワタクシ、自称、ハマっ子、なんですが。

我が家は、うちの家族以外、親戚一同、一族郎党、
全員が関西圏に在住、という、
実は中身が関西人なんですよね。

そんなわけで、子供の時の私は
野球が好きだった父の影響で、野球中継を
結構よくテレビで観ていましたが、
当然のように、阪神タイガースを応援し、
春夏の甲子園を見ても、関東圏よりは関西圏の学校を
つい応援しておりました。

それでも全然、かけらも、知りませんでした。
本日演奏のグリーグ作曲、ペール・ギュント組曲の
【山の魔王の宮殿にて】という曲の一部を原曲としたものが
阪神タイガースの応援ソングとして使われてたなんて!

Wikipediaに書いてあったんですけど、本当ですか?
なんかイメージが・・・結びつかない。。

どなたか詳しくご存知の方、いらっしゃいましたら
詳しい経緯を是非教えて下さい(笑)

そんなわけで、六甲おろし、じゃなかった、
山の魔王の宮殿にて、です。





posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

人生いろいろ、ありますよね、そりゃ

アメージンググレース
【Youtube100本ノックNo.84
アメージング サムネイル写真100-.png

日本では結婚式でお馴染みとなっているこの曲。
イギリスの牧師ジョン・ニュートンが作詞しました。

実はこのニュートン氏、若かりし頃、
黒人奴隷貿易を携わっており、当時の白人の常識通り、
平然と、なんとも思わず、黒人奴隷を劣悪な環境に置き、
家畜以下、モノのような扱いをしていました。

ところが22歳の時、輸送船の浸水転覆寸前の事故に遭遇、
死に物狂いで神に祈って助かった、という経緯から
キリスト教の精神に目覚め、
同時に奴隷に対する同情を覚えるようになり、
その後船の仕事から降り、牧師として再出発することになります。

過去の過ち(奴隷貿易)への悔恨と、
そんな自分の罪をも許し、救ってくださった
神の恩恵への感謝を込めて作ったのが
このアメージンググレース、なのだとか。

なのでアメリカでは追悼式やお葬式で
歌われるイメージのようですね。

どちらにせよ、
力強く上を向きたくなるようなメロディーが
心を打つ名曲だと思います。

Amazing grace!(how sweet the sound)
That saved a wretch like me!
I once was lost but now I am found
Was blind, but now I see.

驚くべき恵み(なんと甘美な響きよ)
私のように悲惨な者を救って下さった。
かつては迷ったが、今は見つけられ、
かつては盲目であったが、今は見える。

(Wikipediaより)





posted by Duo A&K at 19:00| Comment(0) | Youtube100本ノック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする